バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

STDC育児申し送り

『アフリカのキンイロジャッカルが実はオオカミの新種だった』

すごい!150年ぶりの新種発見だそう、
でもどう見てもジャッカルにしか見えない、
進化の不思議だね。
*メナって、ジャッカルに似てる、と思うのはただの親バカ?




サビータビーのトライアルが明日に迫ったので、
育児申し送りを兼ねて現状報告:

〈食事〉
今は1日3回+α(おやつ)
猫は食事に関してはかなり保守的だと思う、
かつて衰弱した状態で公園で保護したプーニャンは
ハトの餌を食べて飢えをしのいでいたらしく、
トウモロコシに異常に反応した。
ので、預かった子猫にはできるだけ
色々な食材を与えるようにしている。
市販のウェットフード、ドライフード、
生鶏肉(国産)、茹でた鶏肉・豚肉、ヨーグルト、卵(黄身)、etc
(そうやって育てても、大人になると
好みが煩くなって、好き嫌いが出てくるのはどうしたものか)

画像クリックすると拡大画像になります↓
   2015-8-1子猫ご飯1


1回の食事例:(4頭分)

ささみや茹でた鶏肉は、メインをほとんど食べ終えてから
与えている
(そうでないと、メインそっちのけになってしまうほど好きだから)
2015-8-1子猫ご飯2


2015-8-2子猫食事1

食事の準備を始めると、どこからともなく
わらわらと集まってきて煩い

2015-8-1サビー1

2015-8-1タビー1

脚、むき出しだと傷だらけになるし、長ズボンを履くと
よじ登ってくる・・・痛い💦
2015-8-1タビー2

2015-8-1子猫1

2015-8-2子猫食事2



〈トイレ〉
で、食事の後すぐにトイレ、という子もいる(サビーとか)ので
子猫の間はトイレはできるだけ傍に設置して
おいてほしい、居間にトイレはちょっとアレだが、
もう少し大きくなるまでの辛抱。
1個は居間に、もう1個はヒトが望むトイレ場所に、など
ちょっとずつ馴らしていこう。

居間のトイレ
2015-8-4子猫砂1

こういう形のトイレもOK
2015-8-5トイレ1



トイレの形も、あまりに斬新なもの、
おしゃれすぎるものは、子猫には
トイレと認識できないことがあり、
失敗の原因になる。
砂も、今まで使用していたものからスタートさせてあげたい。
ライオンの「匂いを取る砂」。

重いし高いし、蹴散らすので後片付けが大変かもしれないが、
ほんの一時の辛抱、少しずつ時間をかけて
今はやりのシステムトイレに移行させていってほしい。
ちなみに、我が家ではシステムトイレも1個置いてあり、
STDCはそれも結構使っている。
2015-8-5システムトイレ1


で、トイレの数は猫の数+1個が最低必要ね。

猫はトイレの失敗がほとんどない、と言われているが、
それでも新しい環境で、いきなり人の都合を
押し付けられたり(おしゃれなデザインや設置場所など)すれば、
間違えて粗相してしまうことはある。
子犬と同じ、子猫だって、基本は「失敗させないこと」だ。

・トイレは猫の数+1
・子猫の目に入りやすいところにまずは設置
・従来使っていた砂や形態を1つは用意する
・おしゃれなシステムトイレへの移行は時間をかけて
よろしくお願いします







  1. 2015/08/04(火) 18:51:17|
  2. サビィタビィダイチィ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<STDC育児申し送り その2 | ホーム | ダイアナ妃を想う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/968-a7bd70c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)