バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

あなたの犬は本当に問題犬?


25日の多摩川
2015-7-25多摩川3

2015-7-25多摩川2

もう結構泳げるのよ!(流れが緩いところならね)
2015-7-25多摩川1

今朝のチビ
台所のマットに転がってることが多い、邪魔~
2015-7-25タビー1



常識って、案外個人個人で違っていたり、
今まで非常識と一般に思われていたのが
趨勢が変わって多数になり、常識が逆転する、なんてことがある。
自分の常識が世間では違っていた、なんて
沢山あるのだろう。
例えば私は保護犬をトライアル先や預かり先に
連れて行くとき、暑くても必ず靴下を履いている、
持参して、上がらせていただく時に履くこともある。
それが礼儀だと思ってきたのだが、
今では美しい生足はファッショナブルで
賞賛すべきものになってきてる、らしい。

なんの話をしたいかというと、
犬の世界でも、従来の「犬らしい犬」
「犬として当然の行為」が、どうも問題行動として
認識されるようになってきている、らしいのだ。
世の中、小型犬や、大型犬でもレトリバー系が多くなってきているが、
彼らは本来の犬らしい犬ではない、ということを
誤解を覚悟で言いたい。
小型犬は矮小化され、愛玩犬として普及している子が多い、
彼らはヒトに愛されるように選択育種されてきている。
レトリバー系は、どの人間の言うことも聞くようにヒト好きに、
(狩りの性格上)そして闘争心の低い性格を創り上げられてきた。
だから、和犬や番犬の血筋の濃い犬の飼い主さんは
「どうしてウチの犬は他のヒトや犬と
(誰とでも)愛想よくできないのかしらん」と
悩むことがあるようだ。

社会化不足やストレスから、刺激に過敏になってしまっている子も
確かに多いと思うのだが、中には
「犬らしい犬」であるだけで、私から見ると
問題をこじらせているのは、飼い主さんであるケースもある。

ストレスと不安からヒトや犬に吠えかかったり拒絶反応を
見せる犬は、全身から不安や不機嫌が発散されている。
身体を強張らせ、背中を曲げて眼尻に白目がみえる。
一方で、普段は落ち着いていて、自信がある様子の犬が
吠えかかる時は、その犬にとって我慢ならないような
「非常識な」扱いを受けた時だ。
吠え方も、吠えている時の顔も違う、犬歯をむき出し、鼻にしわを寄せて
「こっちへくるな」と言っているのは怖い時、不安な時。
鼻にしわも寄せず、目つきもしっかりと、尾もあがったままで
怖れていない様子で吠えているのは、彼なりに
吠えることに意味があるのかも、と思ってあげてはどうだろう。
他人が失礼な近づき方をしたとき、
気安く頭を触ろうとしたとき、
他の犬がマナー違反をしたとき、
吠えるのは犬として当たり前。
恐怖にかられている犬は警告もなくいきなり噛むが、
(これも唸ると叱られる、という学習の結果かもしれない)
「嫌だ」という意思表示にしっかり唸って警告し、
噛むマネをする犬は、犬の世界ではごく常識的なことを
したまで。
それより「唸る」段階で、嫌がっていると察してあげない飼い主のほうに
問題があるのだ。
その前に、いつもお互いを見ていれば、唸る前に表情で
「あ、我慢してるな」とわかるようになるはず。

私個人としては、そういう犬らしい犬は好きだが、
なかなかわかってもらえないことが多い、
可哀想だな、と思う。
せめて飼い主さんくらいは
「よくわかってるよ」と認めてあげてほしい。
「問題犬」の中にはたまにそういう子もいるのだ。

犬好きのヒトの行動も「問題」を助長することがある。
どの犬も頭を撫でられたらうれしい、なんて
思い込んでいるヒトが多すぎる。
会ったばかりの犬に、お座り、とかお手、とか
要求するのは私からしたら図々しい行為だ。
自分の犬が誰にでも尻尾を振るから、
それが「犬」だと思ったら大間違い。
まずは「お友達」に認めてもらうことだ。
距離をとって文字通り下手に出て(しゃがんで低い位置から)
目線をあわさず、頭を差し出す。
相手から匂いを嗅いでもらい、敵意がないことをわかってもらう。
そしてもしも彼に受け入れられたら光栄に思うように。
(おやつなどの貢物は、認めてもらってからのほうが
かえってうまくいくように思う)
すぐに馴れ馴れしくしない、いつも敬意を持って接しよう。
そういった一連の挨拶の儀式ができないなら
気安く知らない犬に近づかないこと。

東京の公園で一緒だったチョビ、
そしてまるお・・・何頭かそういうタイプがいたが、
みんな一旦心を許すと本当に愛情深い犬たちだった。
友達、として認めてもらうことは
誇らしい気持ちになったものだ。
(おやつだけ食べてあとは無視、という
扱いを受けるヒトだっていたのだ)

というわけで、自分の犬が問題を抱えているのか、
単にマナーに厳しい犬なのか、よ~く観察して
あげてほしい、というお話。




  1. 2015/07/25(土) 16:23:24|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<譲渡会 | ホーム | 無題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/958-9b85f715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)