バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

室内飼いの落とし穴?

 
ぱっくんこと蒼斗君のお家から
画像が届いた。
ミーシャちゃんとの絡みの写真を
お願いしていたので送ってくださったのだが
動きが激しすぎてブレブレなのもご愛嬌♡

ママさんからの近況報告、面白かったので原文そのまま(#^^#)

   『パックン蒼斗が来て二週間になりました。
   我が家で一番大きな顔してる新入り(笑)    
   ミーシャと二人のおやつタイムも、
   自分のをさっさと食べてミーシャのも横取りしにきます。    
   俺のものは俺のもの~お前のものも俺のもの~と、
   ジャイアン的なので我が家でのあだ名はチビジャイ!
   本来の三毛の気の強さを発揮し、
   ミーシャもやられるばっかりではないです!
   蒼斗がしつこく絡んでくる時にはシャッと追っ払って、
   蒼斗はしっぽを下げ「怒られちゃった」とシュンとしてる。
   でも、すぐ立ち直り忘れる(笑)
   蒼斗があまりにも興奮し遊び過ぎて寝ないときは
   落ち着いて寝てもらうためにゲージを使用してますが、
   基本は気づいたら部屋のどこでも転がって寝ますし、
   人の側に来てウトウトするのが好きです♪
   可愛いし静かだから寝てる写真ばかりです(^_^;)
   まだ二匹寄り添っての写真がなかなか撮れませんが、
   今日はアクティブに遊ぶ二人の写真を送ります(*^^*) 』

2015-5-18蒼斗3

   2015-5-18蒼斗2

           2015-5-18蒼斗1

ミーシャちゃんと蒼斗君の取っ組み合いは、しっぽも耳も
本気モードじゃないことは一目瞭然、楽しんでますね♡
今のうちにミーシャがしっかりしめておけば、
蒼斗がでっかくなっても姉弟関係はそのまま保たれるはず、
がんばれミーシャ!




近所の子犬の鳴き声は相変わらず凹
都会では、家々は密閉されていて外から
伺い知ることはできない。
ご近所関係が希薄、というのは気楽でもあるが
そういった閉ざされた空間が、家庭内DVや弱者虐待を
深刻化させやすいともいえる。

犬の室内飼いについても、1日中ゲージに閉じ込めて
留守番させるという、他国では虐待とされるような
事態が、「虐待している」という自覚なしに
平然と行われやすいのも、外から遮断されているからだろう。
そんな飼い方は犬の心をむしばみ、
ゆっくりと精神を破壊していく。
閉鎖された空間で狭いゲージに閉じ込められて
1日無為に過ごすよりは、
庭に繋がれて1日過ごすほうがまだましではないかと最近思う。
外界の空気の匂い、音は、ゲージよりなんぼか気が紛れるだろうし、
犬好きに気にかけてもらったりもできる。
当たり前のことだが、一番いいのは留守番の長い家では子犬は
飼わないこと、だ。
今の自分の環境を冷静に見つめて、その環境でも
幸せにできるペットを飼うことが、どうしてできないんだろう。
例えば大人の猫だったらそれほど残酷な事態にはならない
・・・もちろんケージに閉じ込めないで飼うことが前提だが。
1日じゅう日当たりのいい場所でゴロゴロして過ごし、
帰宅後に触れ合うことで充分満足する。
((そして何より新しい家族を切望しているのが
捨てられた大人の猫だ))

ということで、24日、愛犬クラブバウニャウで
ネコの譲渡会を開催します。
大人猫が中心の譲渡会となりますが、
少しでも大人猫に関心がある方は
一度会いにいらしてください

            2015₋5₋24譲渡会ポスター2
  1. 2015/05/19(火) 23:10:51|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無題 | ホーム | サマーカット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/893-f7991b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)