バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

子犬(子猫)を迎えた夜に・・・

犬のご相談の際、はじめに色々お話をお聞きするのだが、
最近は特に、ケージまたはサークルで子犬を飼育する方が
多いように感じる。
トイレの問題があるので仕方ないとは思うが、
ケージが中心で、短時間だけフリー、という飼い方をしている人が結構多い。

子犬子猫を迎えたら、『いくら泣いても負けて出してはいけません』
などというトレーナーもいて、ますますケージ中心に拍車がかかっているのだろうか。
そうやって甘やかしてしまうと、あとあと問題犬になってしまう!
というのだが、本当にそうだろうか?

問題行動とか、問題犬の背景にあるのは、
不安・恐怖・不満・・・つきつめれば過重なストレスであることが
ほとんどではないかと思う。
心当たりがないのに問題行動に悩んでいる、というヒトは
実は犬に与えているストレスに気が付いていないだけかもしれない。
犬に直接体罰や強制訓練をしていなくても、
24時間一緒に暮らす家庭の環境自体がストレスになっていることが
案外多いのではないだろうか。

・我が家は本当にリラックスして寛げる家庭か
    犬は社会性の高い動物だ、周囲の感情を敏感に肌で感じ取る。
    家族間の軋轢や緊張、誰かが過重なストレスを抱えていれば、
    それだけで犬は不安になり、ストレスを抱えてしまう

・常にせわしなくバタバタしているのでは?
    いつもせかせかバタバタしている家庭では
    犬は、そして特に猫は、リラックスすることができない
    あなたの犬や猫は、家じゅうどこでもゴロンと寝て、熟睡しているだろうか?
    
・喧嘩や怒鳴り声、そのつもりがなくても大きな声できつい言い方が習慣になっていないか?
   犬は常に周囲の顔色をうかがい、びくびくするようになってしまう

「甘やかしたらつけあがる」  そんな簡単なものではないのだ。
それに、ケージに入れて飼うことが「甘やかさない」というふうに
とらえること自体間違えている。
甘やかすこと、それが問題なのではなく、甘やかす一方で
ストレスまみれの生活をしていたり、またヒトの気分次第で
時にはきつく当たったりイライラをぶつけたりすることのほうが
問題なのだ。
落ち着いて安定した家庭で、いつも変わらぬ態度で接しているなら
甘やかされて問題になるのはせいぜい軽度な問題行動くらい;
飛びついてくる
ぺろぺろ舐めてくる
食事時、ちょうだいちょうだい!とせがむ etc
深刻な噛みつき、防衛行動、攻撃行動などに比べれば
可愛いものだし、治していくのも簡単だ。

ということで、何が言いたいかというと、
子犬子猫を迎えた初日、『いくら泣いても負けて出してはいけません』
なんて言葉は忘れて、抱いて寝てみてはもらえないだろうか。
トイレの心配があるのなら 、せめて傍にいて一晩くらい
添い寝してあげてほしい。
  
なぜなら、その時子犬子猫は、心細くて不安でたまらない、
「お母ちゃん」と泣いているので、その時に寄り添ってあげれば
信頼関係の一歩が確実に築けることになるのだ。
こんなに簡単に犬の、猫の心をつかむことができる
チャンスを奪い、不安なままストレスを与える「ケージ閉じ込め」を
勧めるなんて、もったいないと思うのだ。
もしもそうして育てたのに問題行動が出たとしたら、
それゆえ、ではなく、それにも関わらず、ということだ。

     *居間にトイレシーツを敷き詰めてフリーにし、
       24時間一緒についていてあげれば
       初日からトイレトレーニングもできてしまう
       トイレをするたびに褒めてあげればいいだけなのだから簡単だ


それにしても、なんでこんなに犬や猫を育てるのが小難しくなってしまったのだろう。
犬はヒトに寄り添うことで生き残ってきた動物だ。
中には遺伝的な問題のある個体や、元々粗野な個体も
あるかもしれないが、人間の中にそういう個体がいるのと同じ、
例外的な存在であって、本来穏やかで協調性のある生き物だ。
だからといって、こんなふうに絶えずストレスまみれな扱いを
受け続けるいわれはない。
犬はずっとヒトとは対等な関係であった(少なくとも近代までは)という
学者の言葉を私も信じる。

宮沢賢治の作品の中に、オッペルと白象というのがあるのだが、
私にはこの白象が犬にダブってみえるのだ。
私たちはオッペルになっていないだろうか。


  オツベルと象  (クリックすると作品にとびます)
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=HloQPrPYwckJ&p=%E3%82%AA%E3%83%84%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%A8%E8%B1%A1+%E5%85%A8%E6%96%87&u=center.akarinohon.com%2F%3Fp%3D7479


そして、以前紹介した Adam and Dog  を再度どうぞ

  1. 2015/05/02(土) 20:09:43|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<お客様  ~ルフト再訪~ | ホーム | 無題>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/05/05(火) 06:40:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/878-ee394fe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)