バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

小型犬も逞しく♪

12日朝の多摩川
2015-2-12多摩川1

          2015-2-12多摩川2

                  2015-2-12多摩川5


ミニーが「鳥追い犬」だということが判明
鳥を見ると、後先考えずに追いかける。
彼女が結構なスピードで走るのを知ってびっくり!
まぁ、残念なことに、鳥たちからは「へ」とも
思われていないようで、小さなセキレイまでもが
面倒くさそうに、ちょっと飛んでは鼻先に降りるので
ミニーのプライドは傷つけられ、
益々追っかけ魂に火がついてしまう模様

        バカにされてムキになってる、顔が怖いっ
        2015-2-12多摩川9


鳥が最後に「バ~カ」と(言ったかどうか)飛び立ってしまうと
我に返って戻ってくるが、顔が上下二つに割れたかと
思うくらい口を大きく開けてハァハァいってる、
おバカさんぶりも可愛い♡
         2015-2-12多摩川3


ミニーはメナたちとほとんど行動を共にできる、
ちょっとした崖は楽々上り下りするし、浅瀬なら
後を追って入ってくる、走るのもかなりのスピードだ。
巷の小型犬みたいにピョンピョン飛んで
抱っこをせがむのは、知らない大型犬に囲まれた時、
でもそんな時も、相手が信頼できる犬であれば
できるだけ放っておく。
段々気配を消すのが上手になってきた。

     2015-2-12多摩川6

               2015-2-12多摩川4



   正気の時?は呼べばすっ飛んでくる、もう可愛くて♡
    2015-2-12多摩川10

                2015-2-12多摩川8

           2015-2-12多摩川7




大きい犬ばかり扱ってきたが、
預かり保育やジャッキー、ミニーと小型犬を手元に
預かってみると、そのリードの扱いが
大型犬とはまた違った意味で難しいのが理解できる。
『リードをたるませて』おくのが案外難しいのだ。
まして首輪にリードだと、ちょっと気を抜くと
すぐに足に絡まってしまう。
だから世間では小型犬のリードがあんなに
むごく短いものばかり売られているのか?
リードはなるべく存在感のないものを使いたい、
と思うのだが、世間で売られている小型犬用の
リードの滑稽さをご存じだろうか。
犬そのものより重たいんじゃないかと思うくらい
ごてごてビーズや造花で飾りつけられたもの、
ごわごわしたエナメル素材のものなど、
なんじゃこれ?というものばかりだ。
これだけでも充分犬にはストレスになるだろう。

短く重いリードばかりでなく、小型犬の社会化を阻害するのは
やはり飼い主だと思う。
なんでもすぐに抱っこ、犬が嫌がっていても抱っこ。

何度も言うけれど、『大型犬は小型犬のように、
小型犬は大型犬のように扱う』
非科学的な言い回しのようだが、
大型犬は、ともするとあたかも敵であるかのように
非情な訓練を幼いうちからしてしまう、
そうしなければ恐ろしいものにでもなってしまうかのように。
でも、大型で破壊力のある犬ほど
抱いて舐めるように可愛がって育てたほうがいいと思う。
生涯自分の破壊力に気づかせないことだ。
力で押さえつけて育てれば、そのストレスが
いつ爆発するか、いつもビクビクしていなければならない。
危険犬種と言われる犬は、のほほ~んとした
ゆるい性格の子に育てよう。
逆に小型犬は、敬意を持って、
「常識あるごく普通の犬」に育てよう。
抱っこはできるだけ我慢して
(飼ってみると、抱きしめたい気持ちがよくわかるが)
これは抱いたほうがいいのか、
見守るべきか、毎回考えてみてほしい。
小型犬には散歩はいらない、なんて言うひとが
いる。
保護犬や、病気を持つ犬であれば
経過的にそういうリハビリの時期は
あり得るかもしれないが、
心身ともに健康な犬にしたいなら、
良質な散歩は小型犬にだって欠かせない、
距離や体力消耗の散歩ではなく、
犬にとって良い環境を時間をかけて
一緒に歩くこと、それが良質な散歩だ。
そして自信のある犬に育てよう。

自信がある犬・・・というと、喧嘩に強い、とか
他の犬をいじめる、などという時に
使うヒトがいるが、それは間違いだ。
説明するとさらに長くなるので
このことはまた別の機会に。
  1. 2015/02/12(木) 18:26:06|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無題 | ホーム | アリス 里親募集中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/811-033e0e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)