バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

バイバイルフト

今朝の多摩川
2014-11-4多摩川3

       2014-11-4多摩川7
                        2014-11-4多摩川1

ルフト、今日お迎えがきて
嬉々として帰っていった。

来た時よりだいぶ薄汚れてしまったが
それなりに逗留を楽しんでくれたと思いたい。
ルフトはマナーがとてもよくて
ドアを開けても「どうぞ♪」と言わないと
出てこない、トイレはバスルームに置いた
小さなシートで済ませて失敗したことがない、
そして、どんな時もリードを引っ張らない。
           2014-11-4多摩川2

憧れの遠吠えもせがむとやってくれるし、
猫には絶対反抗しない、というわが家ルールも
すっかり把握してくれる。
2014-11-4ハニー&ルフト

それでもやはり、男盛りで気力充分な雰囲気は
伝わるらしく、サムは最初からもうすぐに
ルフトの子分になってしまった。
もっともサムが子犬のころから大人のルフトに
何度も会っているので、そういう過去も
影響しているのだろう。

車に乗る時も、いつもの後部座席シートは
ルフトに譲って自分は床に伏せるし、
おもちゃ遊びでも、ルフトがふざけて
ちょっと唸るとすぐに引き下がってしまう。
だからメナとのように取っ組み合いは
したことがない。

ところが今朝の多摩川で、
サムとルフトがおもちゃを取り合って遊び始めた。
相手がくわえているオモチャを
自分も咥えて引っ張り合うという遊びは
仲のよい間柄にだけ見られる。
身体を密着させて取り合いをしても
本気にならないと、お互いに了解できているからこそ
可能なのだと思う。信頼関係というやつだ。

2014-11-4多摩川5
                    遊ぼうよ♪
         2014-11-4多摩川4

サムもルフトも身体に緊張が見られない、
眼も穏やかだ。
男の子ってヒトも犬も、単純で
いつまでたっても遊び好きなところがある(よね?)

またね、ルフト君。
             2014-11-4多摩川6
  1. 2014/11/05(水) 02:26:09|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<男性への社会化 | ホーム | 遅れてきた韓流ブーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/725-436ae2a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)