バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

トレーニングと絆作り、どちらが先?

木曜日の多摩川
2014-10-9多摩川3

この樹は雀のお宿、傍にいくと
さえずりがかしましい。
                2014-10-9多摩川2

一方こちらの面々は川辺の生態系の
頂点に立ってる。
なんだか肩いからせてるようにみえる
    2014-10-9多摩川5

ウチのサムはカットしてうなぎ犬になったので
手入れが楽だが、パックン(スタP)は取るのが大変そう・・
               2014-10-9多摩川6
          うなぎ犬
             2014-10-9多摩川4

まだまだ水量が多くて中州には渡れない。
               2014-10-9多摩川1

川に沿ってブラブラ歩いて行く途中で
沢山の犬と出会い、挨拶しあう。
メナは挨拶するだけだけど、
サムは遊んでくれる犬や飼い主を
目ざとく見つけて毎回しばし寄り道。
それでも以前よりずっと、
「もう行こう」という声に反応してくれるようになってきた。
前はいったん遊びに興奮してしまうと
まったく「馬耳東風」状態だった、
情けない思いを何度したことだろう。

いつも言ってることだが、
犬との絶妙な絆は日々積み重ねて
お互いが作っていくものだ、と思っている。
私の中では5~6歳くらいがひとつの目安だ。
そこまで良い関係を重ねていくと、
その先には、もう~すんばらしい蜜月が待っている。

バウニャウではお客様にも、短期決戦を
望まないでください、とお願いしているのだけれど、
やっぱりお金をかけ、時間をかけているのだから
すぐに目に見える効果が欲しい、というのが
大半のヒトの気持ちだろう。
相変わらず『5分でできるしつけ』とか
子犬のうちから脚側完璧!といった訓練が
流行っているのは、即効性を期待されているからだ。

川辺でも、毎日ずっと呼び戻しと脚側の訓練をしてる犬もいる、
大抵は大型犬、Jシェパードとか「訓練しないと危険」と
思われている犬たちだ。
マテ⇒離れて⇒呼び戻し⇒一緒に脚側で元の場所へ;
の繰り返しなのだが、呼び戻しの際の声が凄い。
初めて聞いた時は誰かが悲鳴をあげているのか?!
と思わず振り返ってしまった。
喉も張り裂けるくらいに何度も絶叫するのだ。
若い犬が、来るのが遅いと更に音量はあがる。

だが、大人になったシェパードが(或いはドーベルマンが)
犬とのごく普通の挨拶ができない、
或いはヒトに気軽に挨拶ができなくて
飼い主が困っているのを何件か見てきた。
警察犬にする、など使役犬にする場合は
別にして(ホントはそういう場合でも)
ごく普通に家庭犬として飼うのなら、
大型の攻撃力の強い犬ほど
仔犬のうちに最優先すべきなのは
絆作りである、何度も何度もくりかえすが
これはもう、後になって後悔してほしくない。

言葉を変えていえば、「社会化」である。
仔犬のうちから沢山のヒトに可愛がってもらい、
フリーな状態で沢山の犬と出会い、挨拶のしかたや
遊び方などを学ぶ機会を持たせることだ。
抱いて寝て、たっぷり寝かせ、愛情深い母親代わりをすること;
もちろんそれぞれの家庭での最低限のマナーは
日々教えていかなくてはならないが、
仔犬がストレスに潰されるほどの多くを
要求しない;

大型の攻撃力の強い犬だって、愛らしい子犬のうちは
笑って受け入れてもらいやすい、犬にもヒトにも。
可愛いらしいそんな時期をトレーニングなんかに
費やしてしまわないで、と願う。
乱暴な言い方をするが、トレーニングなんて
いつからでもできるのだ。
老犬になってからでも、脚側を教えることはできる、
だが、豊かなそして楽しい体験で養われる人格(犬格)は
仔犬のうちだけの限定期間で出来上がってしまう。
大人になってからでもある程度の修正はできるだろうが
なにより、強面の大型犬に対する周囲の警戒が
再社会化の邪魔をすることになる。
「怖いっ」「咬まないかしら?」(ヒト)
「あいつ、挨拶もできないし、吠えまくってヤバイ奴だから
避けた方がいい」(犬)・・・

危険犬種、とよく言われる犬の中で
私の知っているもっとも安全安心な子は
ロットワイラーだった。
東京の公園の片隅の林の中で、オフリードで
犬たちを遊ばせていたころ、
彼女はどの犬より落ち着いており、
ヒトが大好き、犬と遊ぶのが好きだった。
一番わかりやすいのは、他の犬が
彼女のことを大好きで、何の遠慮もしなかったことだ。
乳腺炎で死んだ彼女は多分、
一生涯 自分の持つ破壊力に気づかなかっただろう。
                2014-10-11ブログ用




ジャッキーはシーズーミックスと言われている、
トリミングが必要なのだが、
顔周りの毛が特に伸びるのが速い。
眼の周りの毛は眼球を傷つけることがあるので
結構まめにカットしている。
      2014-10-9ジャッキー2

眉毛カット用のこのハサミだと
怪我させる心配が少ないので
思い切り短くしてしまっている。
   なんだかどんどんシーズーからかけ離れていってる?テリア系か?
                      2014-10-9ジャッキー1



  1. 2014/10/11(土) 17:15:04|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<変わりやすい天気 | ホーム | 昨日の月食>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/706-f5bb561f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)