バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

報酬とは

日曜日の多摩川
2014-8-16多摩川3

2014-8-16多摩川2

2014-8-16多摩川4

休日の早朝は、お馴染みさん以外のワンに
会うことが結構ある。
普通に仕事をしているとなかなか平日はこれない、
そんな休日限定の犬たちに出会うのも
楽しみのひとつ。
昨日はバーニーズの若犬に出会った。
もうすぐ1歳くらいで陽気な子、
ロングリードでサムたちの後を追って
走り回っていた。
一時期バーニーズが結構目についたが
最近はあまり見かけなくなった。
日本の暑さにあの身体は気の毒な気がするが、
セントバーナードより適応力がありそう、
性格も安定している子が多いように感じる。
2014-8-16多摩川1

いつもより早い時間だと、結構犬のトレーニングを
しているヒトがいる、
顔見知りのゴールデンとゴールデンドゥードゥル(GRとスタプーのハーフ)の
飼い主さんに会ったが、6か月のドゥードゥルちゃんがいない、
聞いたら、彼だけ訓練士につけて訓練中とのこと。
とても性格の良い素直な犬だったので
飼い主さんが躾けても充分応えてくれそうだったが・・・

その先にはジャックラッセルがハードなトレーニング中だった。
オフリードで脚側、アイコンタクト、など、
きびきびと動いてる、凄いなぁ、と眺めながら歩いていたら、
飼い主の女性がボールを投げた!
サムがすっ飛んで行く。
まぁ、拒絶されればすぐに戻ってくるだろうから、と
見ていたら、相手のジャックラッセルが
ちょっと反応してサムについてこようとした途端、
ステイ!の声が飛び、ジャックラッセルはぴたりと止まった。
そして伏せて飼い主を待つ、その後しっかりアイコンタクトを
取りながら去っていった。

さて、ここで問題。
こういうトレーニングを繰り返していったら
どういう結果になるか、その可能性を考えてみる。
一つは、完璧に訓練が身についた犬に仕上がる。
たぶんそうなるとは思うが、
もう一つ、あまり好ましくない可能性が考えられる。
毎回毎回、そういったシチュエーションで
行動を規制され、衝動を抑制される経験ばかり
繰り返していくと、「犬嫌いな犬」、になってしまう
かもしれないのだ。
犬に会うたびにストレスが溜まる経験をしていくと、
他犬=ストレス経験という結びつきができかねない、
そしてストレスを避けるために、他犬を追い払おうとする
行動を起こすようになるかもしれない、というわけだ。
私だったら、ステイをかけて、それに従ってくれたら
時と相手によっては、報酬として「いいよ」と言ってあげたい。
報酬とは、その時犬が一番したいこと、関心のあることを
させてあげる、ということだ。
おやつ(トリーツ)を使うのは、便利で時間節約になるからであって、
報酬即ちトリーツではない。
他犬と接触したい、という衝動は犬としてまっとうなことで、
そういう機会を頻繁に作ってあげることで
逆に他犬への過剰な反応が少なくなっていく。
たいしたことではなくなるので、ちょっと遊んでも
すぐに関心が薄れるようになる。
今回はたまたまサムがお眼鏡にかなっていなかっただけかも
しれないが、訓練に熱中しすぎて
犬嫌いな犬を作ってしまっているケースが
案外あるように思ったので取り上げてみた。


赤いJWボールを無くしてしまったので、
オフ会でレイママからもらって大事に
とっておいたお宝の青いニューボールを
お披露目。 無くさないでね
2014-8-16多摩川5


今日の仔猫’ズ
動きが速すぎて写真が撮れないハッチ
2014-8-17ハッチ1

2014-8-17ハッチ2

こましゃくれた顔のプニ(プリ)
2014-8-17プニ1

引き続き里親募集中です<(_ _)>
  1. 2014/08/19(火) 00:03:30|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤ちゃん返り? | ホーム | 困った・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/669-5d1b9496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)