バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

素敵なふたり

今朝の多摩川は、早朝なのに
すでに空気が重く蒸し暑くなり始めている。
いつもならボール遊びしている顔見知りの犬のグループに
乱入してひとしきり遊ぶサムも、
ちょっと挨拶するとすぐに戻って
そそくさと川辺に降りて行く。
と、グループの1頭ゴールデンが
ついてきてしまった。
外人男性が飼っている気のいいオスで、
メナが気に入っている子だ。
いつもは川に入れないようなので、
大丈夫かしら、と思ったが、
本人(犬)が入りたいと言っているのだから
そのままにしておいた。
飼い主さんはちょうど携帯で話していたので、
気が付かなかったのだろう。
2014-7-23多摩川3

少しして飼い主がやってきて、ずぶ濡れの愛犬をみて
「Ohu~」と両手を広げていたが、
それでも笑顔で呼ぶと、ゴールデンは
一瞬『えへっ』といった表情で応えて
素直に戻っていった。

普段は勝手に川になど入らないんだろう、
でも暑さに負けて、涼みに来たのだと思う。
そういう時、今更怒っても仕方ないのに
怒る飼い主さんもたまにいる。
ゴールデン君と飼い主さんは
見ていて気持ちがいい、素敵な関係だった。
お互いを尊重している、とでもいう感じ。

落ち着いていて楽天的な犬、
おおらかな犬の飼い主はだいたいおおらかだといえる。
ただ、その反対はイコールではない、
保護犬や、元々神経質な犬もいるし、
病気などで社会化が充分できなかったりする場合もある。
それから、犬種によっても多少の違いはでる。
それでも、その子の環境による変化の可能性は
飼い主によってかなりの幅がでる。
要するにありきたりな真実だが、
『犬の幸せは飼い主次第』ということだ。

サムはどうだろう?
私は結構『気にしい』なので、
サムの落ち着きのなさはそういう
私の心のありようが鏡のように反映されているのかもしれない、
できるだけおおらかに育てたい、と願っているのだが。
2014-7-23多摩川1

2014-7-23多摩川2

おおらかすぎる子猫’ズ
マウス オン ザ キャット
猫のうえのマウス   ダジャレです
2014-7-24プリ

*チャイはおかげさまで正式譲渡になりました。
 先住のネコさんと とても仲がいいそうで嬉しいです
  1. 2014/07/25(金) 00:34:43|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<犬の足裏 | ホーム | ペットに起こされる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/654-3fe39038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)