バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ハーネスとリード

先週お泊りに来ていたTプードルのTちゃん。
黒いうえに毛がモコモコだと
写真映りが今一つ表情がわかりづらいが
れっきとしたお嬢さん(Tは「お転婆」のTではありません)。
サムもそうだが、画像処理でかなり明るくしている。
白い子はその点いいね。
黒いの2頭
2014-2-19テン4
食事を待つ3頭
2014-2-19テン2
よく見るとつぶらな瞳でしょ?
2014-2-20テン1

お泊りの子や保護犬では、まずは安全確保が
最優先となるので、散歩はダブルリード(ハーネスと首輪にジョイント)、
リード自体も丈夫なものを選ばざるを得ない。
太いリードは苦手なので、必然、丈夫な
厚手のナイロンの平紐タイプになるが、これも2本持つのは
なかなか大変だ。
そこで最近小型犬に使っているのはこちら、
両端にジョイント金具のある4mちょっとのリード。
2014-2-20テン4

街中を抜けて安全な場所に来たら
1本にして4mのロングリードになるし、
細めで丈夫、片端は持ち手になる。
2014-2-20テン5

それでも2つのナスカンとリードの重さを合わせると、
小型犬にとってはけっこうな重さになる。
私はリードも首輪もハーネスも、
着けている感覚がほとんどないものが好き、
なのでわが家のイヌには布製の平紐のものを使っている。
ハーネスも装着感が(多分)ほとんどなく、リードは
風にはためくほどの軽さで操作しやすく、
長さも3mもある。
(市販のリードってなんであんなに短いのだろう?)
その上首にひょいと掛けるだけ、あとはお腹に
ベルトをまわして留めるだけなので
足を通す必要がない、犬にもヒトにも脱着が楽なのだ。
PONOPONOというところで購入しているのだが、
ただ、(ウチのような乱暴な使い方では特に)
ナイロン製に比べて消耗が激しく、
次第に端がほつれてくるのが難点。
でも比較的安価なので1~2年に1回くらい
買い換えている。

2014-2-20テン8
「男の子ってやっぱりおバカね」とでもいいたげ?
2014-2-20テン6
(今回は事情により2頭連れで散歩しましたが
 バウニャウでは原則1人で多頭の散歩をお薦めしていません。)

犬具もファッショナブルなものが沢山出ていて
見ている分には楽しいが、やはり
犬にとって快適か、そして操作しやすいか、
そして快適な散歩ができる充分な長さがあるかを目安に
選んでもらいたいと思う。




テーマ:犬について考える - ジャンル:ペット

  1. 2014/02/22(土) 17:55:03|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダウンしました | ホーム | 利己的な遺伝子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/598-45121304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)