バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

初めての旅行その2

翌日の4日は生憎の空模様だったが
午前中はなんとか雨も降らずにすんだ。
2014-2-4館山8


早朝散策
2014-2-4館山1

部屋に入る時は毎回、用意されている
濡れタオルでしっかり足拭き。
家では足なんか拭いたこともないのに、
旅先では大人しく拭かせてくれた。
イイ子ね。
2014-2-4館山2
朝食は貸切りだったので、ご厚意で
フリーに。
従業員のヒトに相手してもらって嬉しいサム
2014-2-4館山3
チェックアウト前の記念撮影
みんな眼がキラキラ
2014-2-4館山4
立ち寄った道の駅の遊歩道で、川の反対側に『チーバ君』!!
チリコ、きづいてない。
2014-2-4館山5
私たち人間からすればあんな真っ赤な異形、
何故気が付かないの?だけど彼らには
「真っ赤」は識別できないんだよね。
無視っの2頭
2014-2-4館山6
犬連れOKの和食屋さんで昼食
2014-2-4館山7


雨が降り始めた中、早めに帰途についたが、
帰宅直後に雪が!ぎりぎりセーフ。
夜に向っての大粒の雪は積雪を案じさせたが
すぐに雨へと変わり、止んでしまった。
子供のころは、雪はワクワクしたけれど、
捨てられて寒空の中震えているネコのことを
思うと喜べない、暖冬歓迎。

初めての旅行の感想は・・・
メナもサムも、いつもの遠出とほとんど
変わらない反応で拍子抜けしたくらい。
知らない場所で一晩過ごす、ということは
かなりのストレスだっただろう、とは
思うが、2頭の目立ったストレスサインは私には
読み取れなかった。
特に心配だったのはメナだけれど、
従業員の方が撫でようとすると
後ろに隠れてしまったくらい、慣れない和室でも
いつもどおり布団の上で爆睡していた。

これはたぶん、「数の問題」ではないかと
私は思っている。
メナと私だけ、の旅であったら、不安による
ストレスはメナにとって過剰なものになり、
こんなふうに楽しめなかっただろう。
サムという能天気な弟、大好きなチリコとママ、と私、
という馴染みのある大きな群れでの行動が
メナに多少のストレスを自力で対処する
手助けになったのだと思う。
オフシーズンであること、犬にとって
静かな落ち着いた散策が楽しめる環境であることなど
も大切だ。
そして何より、日頃からの関係性も。
つまり、飼い主こそが彼らにとっての
「群れ」であり、心のよりどころであれば、
一緒にいることが落ち着きを取り戻す力となる、
・・・メナにとっては私がそうだとは
言い切れないところが切ないが↷

*お留守番でネコたちの世話をしてくれた家人にも感謝♡

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2014/02/05(水) 09:55:46|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<問題行動って何? | ホーム | 初めての旅行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/590-050a8950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)