バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

久しぶりの多摩川

久しぶりの多摩川、なのに寝坊したあげく
渋滞に巻き込まれて、日曜日の川辺は
もうすでに人出が多くなってきている。

人ごみを避けて川沿いの藪の中を歩く。
2頭は久しぶりの川辺に大喜びの様子。
2013-12-14多摩川9

2013-12-14多摩川6

2013-12-14多摩川7

自然サラダバーを堪能
2013-12-14多摩川8

サム、今日も泳いだ、収穫物は長靴!
すごいねぇ、やったね、サム!
2013-12-14多摩川5


家人の友人と待ち合わせしたのだが、
サムはその姿を見つけると飛びついていったのに、
メナはまだまだ馴れないようす、
外で待ち合わせは初めての経験だったものね。
それでも勇気を出して、ベンチに飛び乗って
友人に挨拶するメナ。
笑っているようにみえるが、眼を細めて
必死に親和のアピールをしている。
口元も、くったくなく笑っている時より
緊張のしわが寄っている。
2013-12-14多摩川10

こういうサインって、勘違いされて
「まぁ、笑ってるのね」と
上から手を出されてしまいがちだけど、
できたら優しく声をかけるくらいに
しておいてあげたほうがいいと思う。

スポーツを楽しむグループがますます増えるにつれて、
メナのテンションが下がってきた。
出遅れたこちらが悪いので、
1時間くらいでひきあげることにする。
帰り道は自転車の友人のために遊歩道を歩く。
2頭をリードにつないだが、その理由は
まったく逆。
サムは野球やサッカー、ラグビーの練習に
乱入する恐れがあるので係留。
以前ラグビーの練習に突入して可愛がって
貰ってしまった(いい青年たちだ)経験が
あるので、いつ突入のスイッチがはいるか
わからない。
メナのほうはもう、見てわかるとおり、
差し尾だったのが不安のあまり、キツネしっぽになっている、
ふとした瞬間に逃走のスイッチが入ったら
危ないので係留。
2013-12-14多摩川1

まぁ、ちょっとは気晴らしになったかしら。
実はサムの右後ろ脚(手術していないほう)膝が
このところ何度か外れたので、
10日ほど多摩川を自粛していた。
すっかり健康になっていて気をゆるして
しまっていたが、右脚のほうもステージ1と
診断されていたのだった。
もっと気を付けてあげないと。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2013/12/15(日) 17:11:32|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『犬はしぐさで会話する』を読んで~実際の生活に取り入れる時① | ホーム | 冬支度>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/566-5e74e8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)