バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

冬支度

昨日、ついに炬燵を出した。
で、この「お尻隠して」状態。
2013-12-13冬支度2

サムってこんなに寒がりだったっけ?
2013-12-13冬支度1

昨冬は仮屋住まいで同じ炬燵で過ごしたが、
サムはこんなふうに潜り込んできたかしら。
だからこたつはネコやらサムやら、
ついでにメナまで入り込んで
今の所過密状態だ。

夏の間日差しがきびしくて
暑苦しかった居間だが、
真冬の低い太陽の日差しは
短い間しか差し込まない、
のでわずかな陽だまりに
みんな集まってくる。
夏暑くて冬寒いってどうなの?
2013-12-13冬支度6

クリスマスの飾り、
年々手抜きになてきて、
今年は☆型のライトと
玄関に小さいツリーだけ。
歳とるとなんでも面倒になってくるものらしい。
2013-12-13冬支度5
2013-12-13冬支度4

そして炬燵にはみかんと本ね。
またアマゾンで買い込んでしまう。
2013-12-13冬支度3

・ヴィベケ・リーセさんの新刊DVD付『犬はしぐさで会話する』、
面白かった、特に柴犬の登場は珍しいので
興味深く鑑賞した。
・リチャードドーキンスの『利己的な遺伝子』
あまりにも有名な、動物行動学の分野にも
多大なショックを与えた本だ。
竹内久美子さんの隠れファンなのだが、
彼女の本に度々名前が挙がっていた本、
読み通すのに気力がいりそうだけど
長い冬ごもりの間にはなんとかなりそう。
・近藤誠医師の本数冊
これは家人の希望だが、ちょっと読んだだけで
ひぇ~っとのけぞってしまいそうな
医学の内情、でも医者嫌い(怖い)の二人には
とっても共感できそうな本だ。
一番読みやすいのは『医者に殺されない47の心得』

サムを押しやって炬燵に入り、ミカンを食べながら
本を読む、冬眠の準備とりあえず完了。



テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2013/12/14(土) 00:03:21|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりの多摩川 | ホーム | 幸せのかたち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/565-f0ac31d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)