バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

多摩川散歩

日曜日も早朝多摩川へ、
風邪が悪化しつつ週に4日もくるなんて
自暴自棄?やけくそ?
でも、外出する気力はないけれど
早朝の川辺は清々しくて気持ちいい。

霜で真っ白な野原を駆け巡るサム、
ヒトのほうはズックも靴下もぐっしょり濡れて
気持ち悪い。
2013-12-1多摩川1

川面から蒸気が立ち上るほどの冷たさの中を
泳ぐ、泳ぐ。水はぬったりとしていて
深い群青色だ。
2013-12-1多摩川6

メナのお気に入りのゴールデン君、
何頭も似たようなゴールデンがいて、
私にはあんまり区別がつかないけれど
メナにはまるで違うように見えているんだろう。
でも、興に乗ってつっぱり遊びをしかけるメナに、
そういう遊び方は馴れていないようで
お人よしのゴールデンもちょっと迷惑顔?
2013-12-1多摩川2
2013-12-1多摩川3


途中で保護犬出身というハリー君に会い、
お話しする。
奇しくもずっとフラットばかり飼っていらしたそうで、
レトリバーとミックス犬の違いなど盛り上がった。
生粋のミックス犬のリハビリは時間がかかるかと
思うけれど、元々はとても飼いやすい子たちなのだ、
ただ、レトリバーに比べて、間違ったしつけの
傷を受けやすい繊細さがある、体罰とか過剰なストレスとか。
サムには厳しかったけれど、ハリー君は私の顔じゅうペロペロ攻撃、
すごくヒトには愛想がよくてびっくり、
きっと少しずつ変化しつつあるんだろう。
2013-12-1多摩川4

人出が増え始めたので早々に切り上げようと帰り際、
やはり保護犬出身の、サムとおない歳のテディ君とアリスちゃん、
そしてリク君とメイちゃんにばったり。
サム、メイちゃんと一緒にテディ君のパパになんか貰ってる。
2013-12-1多摩川5


おやつを他人があげることについては
飼い主さんがOKしたらいいんじゃないかと思うし
私も「なんでも食べます」と二つ返事でお願いする。
ただし「ただその後ずっとつきまとうかもしれません」と
付け足しておく。
おやつをあげる、ということは
その後付きまとわれることを覚悟の上、と解釈しているので
放っておくのだが、こういうことに神経質になるヒトの
気持ちもわかるので、まずは飼い主の了解をとるのがマナーだろうね。
そしてそういうディストラクションの中で
呼び戻しの練習をする、というのも
面白いと思う。
かなり高難度の練習になること間違いなし!
他人がくれるお菓子は飼い主のより魅力があるので
おやつで引き戻そうとしても難しい。
日頃からの関係性、そして飼い主自身の魅力が
鍵になるのだと思う。
サムは、今日のところは何度か「帰るよ~」と
声かけをして漸く戻ってきた。
まだまだですな。


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2013/12/01(日) 17:27:42|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Mプードルの魅力 | ホーム | 土曜の多摩川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/557-26b85e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)