バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

犬の理解力

昨日は川辺の遊歩道へ。
以前のウン〇すりすり事件以来、
この散歩道ではサムの道草には
監視の目を光らせてしまう。
この界隈には他に良い散歩コースが
ないせいか、犬連れが多いのだが、
残念ながらウン〇を放置するマナー違反が後を絶たない。
そこここの草むらに古いの、新しいのが
落ちている可能性があるので
スリスリはデンジャラス。
ウチでは庭や川・海ではスリスリ自由にしているが、
どうかこの道でだけはスリスリしないで
いただきたい、と思ってしまう。

一般的なトレーニングとしては
常にスリスリをさせないようにする
=スリスリ行為を禁止する;
という方法も提唱されている。
例えば(クリッカーなどで)『床にトリーツを落とす』行為は
拾い食いをするようになるからよくない;
という意見があるのと同じ考えか。

もっと進歩的な考えの一つとして、
毎回『飼い主の指示を仰ぐ(許可を得て行動する)』
トレーニング法もある。

だが、私がサムに期待するのは、
基本的にいつもはOKだが、
「やめて」「ダメ」と言われたらあきらめてもらう;
というスタンスだ。
『いつもは自由にさせておいて
ヒトの都合でダメ、というのは
犬が混乱してしまう』という論理は
ごもっとも、と思うが、
それでもこのシチュエーションの大半が
トレーニングの場でより
「日常生活」において起きているのであれば、
愛犬との日頃のコミュニケーションの積み重ね、
そして結果養われた(はずの)彼らの理解力に期待したいのだ。

ベッドに乗ることを犬に許すかどうか
というテーマについても、様々な見解があるし、
犬の性質、ヒトとの信頼関係の段階によっても
アドバイスは変わってくる。
だが、我が家のルールはかなり変則的で、
正規のトレーニング理論から外れたものに
なっている。
*日中はオールフリー
 ベッドが空いていれば、誰が乗ろうと
 かまわない
*たまに日中ベッドでごろごろしたい時は
 サムを呼んで、抱き枕代わりにする
*夜、ヒトが寝る時は優先順位として
 ①のび太(一番の古株だから)
 ②メナ
 ③キューとハッピー
  となっていて、サムはダメ!
  理由は一つ、大き目のベッドだが
  サムが寝そべると他の子のスペースが
  無くなってしまうこと、
  そしてネコたちが嫌がるから。
どうしてメナだけOKなのかというと、
まずネコたちのスペースを侵さないように
彼女は遠慮しいしい乗ってくる、
そしてメナがそんなふうにアピールすることは
あまりないので、その気持ちが愛しいからだ。
サムはほとんど毎回、ヒトと一緒にベッドに
乗ってきて、ほとんど毎回「降りて」と
言われてしぶしぶ降りている。
我が家はそれでうまく回っているので
それでよしとしている。
要するに、「やめて」「ダメ」という言葉を
しっかり理解してくれればいいの。
(まぁ、こういうやりとりがおきるのは
 晩秋から冬の間だけだが・・・暑い時期は
 誰もベッドに乗ってこないんだもの)

ところで、メナがベッドに乗るようになったのは最近で、
私たちのどちらかでもベッドに入ると、
落ち着くのを待って、枕と枕の間に、
申し訳なさそうに身体を小さく丸めて眠るようになったのだ。
この体勢だと、私がダーリン?のほうに顔を向けると
メナのお尻に鼻を突っ込むことになるのだが
(だってメナはほとんどの場合、愛する家人に頬を寄せて寝ているから)
彼女は干し草のような良い臭いがするので
そんなに嫌じゃない、催眠効果のあるアロマみたいなもん?

これは偶々右向いてるが、いつもは左、家人に
顔をくっつけて寝る
2013-10-20ベッド1


こんな体勢

ウ~ン、絵は下手じゃない筈だけどこれはヒドイ!
マウスじゃ描けない、お絵かきソフト欲しいなぁ

サムにはボロソファや毛布を用意してる
(時々ネコに盗られてるけど)
毛布は洗濯しやすくて便利
以前は犬用ベッド使ったけど、
手入れが大変なので今はモフモフ毛布に変えた
2013-10-20ベッド2

2013-10-20ベッド3








テーマ:犬について考える - ジャンル:ペット

  1. 2013/10/23(水) 01:37:55|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フジTV番組『ほこ×たて』のやらせ疑惑 | ホーム | これってどうなの?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/529-2fff1d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)