バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

「教えることは学ぶこと」

秋は犬たちにとって過ごしやすい季節、
遠出も楽しいし。
だけど一つだけ、草の実がびっしり体中に
ついてしまうのが悩みのたねだ。
ウチのように藪の中を走り回る子は、
その後のケアが大変、
ネバネバしてたり、トゲがついてたりして
毛にしっかりしがみついて取れないのだ。
だからといって藪に入らないように制限するのは
本末転倒だし・・
それでもウチの子たちは手入れしやすい毛質で
ずいぶん助かっている。
2013-9-27アリス&テディ8

2013-9-27アリス&テディ7


ところで、時々メールで知らない方から
ご相談をいただくことがあるが、
できるだけの情報提供をするようにしている。
でもたまに、答えに詰まって立ち往生してしまうことがある。
例えば
『純血種の子犬を3頭飼ったが、
留守番が長く、帰宅すると鳴くので困っている』
・・・・なんて答えたらいいのだろう。
私の正直な気持ちは、
『まだ可愛い子犬のうちに、良いご家庭を探して
あげてください』だ。
最低限、なんで3頭も同時に飼うの??
でも、顔もわからない、どこに住んでいるかも
知らないヒトからのメールに
そこまで本音をいうのは躊躇われる。
そこであたりさわりのない紋切型のお答えを
送ることになってしまう。
『何頭いようと母親(もしくは母代わりのヒト)から
離されて、子犬が鳴くのは自然なことです。
あと何か月かの大事な時期だけでも
ペットシッターか良い預かり保育先を探しては
いかがでしょう』とかね。
その後もしばらくは、
もしかしたら繫殖を考えているんじゃないか、とか
色々想像してちょっとブルーになってしまう。

自宅で教室を開いたのは、
わざわざ教室に来てくださる方たちは
愛犬との関係をなんとか改善したいと願い
努力している、愛犬家仲間だから。
だからそのお手伝いは楽しいのだ。
そして様々なワンちゃんと会えることも
犬好きとして最高に楽しい。
さらにいえば、自分自身の反省や気づきも
沢山ある、「教えることは学ぶこと」とは
陳腐だが真実だと思う。

お客様が来ると、窓辺に生首が二つ
・・・は、恥ずかしい!
2013-9-29サム1


テーマ:犬について考える - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/29(日) 18:20:55|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<懐かしい再会 | ホーム | カーミングシグナル~サム、同い歳の仔と会う♡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/510-c1d85b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)