バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

西湖にて

昨日はチリママのお誘いで
久しぶりに西湖へ遠出(といっても
相変わらず運転はチリママにお任せの
楽ちんドライブだったけど)
セダンに大型犬3頭はキツイんじゃぁ、
と思われるかもしれないが、
チリコは車に乗るとずぅ~っと
窓辺で固まっている・・・チリママによると
どうも運転を信用してないらしい・・・し、
メナは例によって床の隙間に
ぴったりとコンパクトに収まってしまうので
とても静かなんである。
サムも車はなんとなく苦手意識があるのか
比較的静かなので助かっている。
酔うわけでもないので、病院通いが
嫌な記憶として車に結びついてしまっているのかも。

微動だにしない車内のチリコちゃん

2013-8-8西湖9

我が家の犬もチリコも、車で沢山の遠出をし、
楽しい記憶が車と結びついていても良さそうなものなのに、
どこかで何かマイナスのイメージが
車についてしまったのだろうか、
犬って繊細なんだなぁ、と思う。

いつもより遅く、昼前に着いたが、
西湖は今までになく賑わっていてびっくり。
平日にこんなに人出があるなんて思わなかった。
誰もいないか、せいぜい1~2組だったのに、
これも「富士山世界遺産」の効果??
(それでも7~8組ってところ)

しばらく様子を見ていたが、小さいお子さん連れが
いなかったのと、バーベQをしているヒトが
いなかったので、遊ばせてもらうことに。
(チリコちゃんの数少ない欠点のひとつはBBQ乱入)
呼び戻しの不完全なサムはロングリードを
つけたままで、人間は浮き輪持参でいざ湖に♪
浮き輪に乗って岸から少し離れたら
なんと傍らに必死に泳ぐメナが!
これまでメナはうっかり深みに嵌って泳いだことは
あっても、自分から沖に向かって泳ぐなんて
ことは一切なかったので、その姿に感動。
やっぱり私との絆がこんなことをさせるのネ、
なんて涙ぐんでしまった。
でも、チリママの冷静な観察によると
サムもチリコも、そしてチリママも
みんなが湖に入って泳ぎだしたので
知らないヒトだらけの岸に残されるよりは、
と決死の覚悟でついてきただけのよう。
その証拠に何度かついて泳いだ最中も
その後も、全然楽しくリラックスした顔になっていなかった。
後半は車のドアを解放してタオルを敷いてあげたら
ずっと引きこもっていたメナ。

2013-8-8西湖5

2013-8-8西湖7

でもね、短時間だけどメナと一緒に
泳げてすんごい嬉しかったよ。
メナは思っていたとおり、泳ぎは上手で
波一つたてず、しかも常に浮き輪の横にポジションを
とるという賢さ。

 *犬を泳げるようにしたいなら、いきなり放り込むなんて
  虐待をしなくても、ここに良いヒントがある。
  まずは基本的な信頼関係(楽しい経験を一緒に);
  そしてヒトや犬の遊び仲間を作る;
  その後は、飼い主も犬仲間もヒトの友達も
  みんなが水に入ってしまえばいいのだ。
  それでも入りたがらない?
  1回であきらめないで、何度でもそういう機会を
  あげてみて・・・・それでも入らなかったら
  その子は泳ぐのは好きじゃない、っていうだけのこと(^^)
  岸辺でも楽しめる遊びを考えてあげて。


サムはといえば必ず私について泳ぐのは
いいのだけれど、真後ろから迫ってきては
水面下で私の足や太ももを引っ掻くし
(水の中の人間の体の位置を理解していない)、
浮き輪に前脚をかけて登ろうとするし、
挙句の果てに段々垂直立ちになって
ゆっくりと沈んでいきそうになるしで
まだまだ未熟者。
チリコやメナは首を前に伸ばし、頭を低く水に沈めて
鼻先だけを出して泳ぐのに対し、
サムはどうやらまだ首を立て、顔全体を
水面から出そうとしているので
疲れやすい、疲れてくるとどんどん
姿勢が垂直になって前脚で水面を叩く形になって
遭難しかけるようだ。
それでもまぁ、水が好きなので
歳と共に上達していけばいいや、と思う。

今回は浮き輪と水着持参でヒトも
水遊びを満喫していたため、画像があまりありません。

2013-8-8西湖2

2013-8-8西湖3

パーキングで休憩したり、レストランで
お昼をいただいたり、1日をたっぷり楽しみました。
そういえばサムにとっては西湖初めての体験だったんだ。
というか三浦海岸より遠出って初めてだったね。
楽しい思い出になったかな。
2013-8-8西湖8

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2013/08/09(金) 10:10:07|
  2. 遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛犬の不妊手術について | ホーム | 怖い写真?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/491-77e16560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)