バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ザ・ピーナッツ台風

ピーナッツに振り回されている。
離乳直前に捨てられたのだろうか、
体重が300ない、まだ3週齢ちょっと?
上手にミルクや離乳食が食べられない、
ウンチを寝ている間に垂れ流してしまう。
なによりあまりに弱々しくて、
ちゃんと育ってくれるかドキドキさせてくれる。

・1日に5回くらいミルクと離乳食をあげるのだが、
食べ方が半端なく下手で
顔から突っ込んでいく、食べ終わる頃には
体中がフードまみれ、これを温水で濡らしたティッシュで
丁寧にふき取り、タオルで乾かす。
(ほとんどシリンジで口に入れているが、
自力で食べる練習もさせたいので、
最後に小皿から食べさせているのだ)
・1日に4回、バスケットに敷いたタオルに
漏らしたウンチで汚れた身体を拭く。
タオルが恐ろしい勢いで減っていく。

1日24時間で生活していたのが、
4時間周期になった。

サムの実家で、離乳開始のころ、8頭全員が
毎回離乳食まみれになる、と嘆かれていたのが
今になって「ご苦労様でした」と頭が下がる。
2頭でこれだもの、8頭いたら気がおかしくなるだろう。

不思議なもので、今まで散々手を焼かせていたサムが、
ピーナッツが来てからすごく聞き分けがいい。
自分より幼い者の存在は、精神的成長のきっかけに
なるのだろうか。
犬たちのほうがピーナッツに好意的で
見守ろうという姿勢が感じられるのに、
同類である猫どもはあからさまに嫌な顔をしている。


仔猫や子犬が可愛いなんて言えるのは
ちゃんと「子猫」「子犬」にまで育った後
言えることで、世話する身からすれば
「子猫」になるまではまるで芋虫である。
その芋虫のうちのピー(大きいほうのメス)が
今夜ようやく脱皮してくれた。
自力でバスケットを脱出してケージから出てきたのだ。
まだよろよろしていて危なっかしいけれど、
とても可愛らしい子猫に変身。
心配なのは、もう一頭のナッツ(小さいオス?)だ。
あまりに小さく、食べる量も少ないし軟便が続いている。

なんだかんだと言っても、こういったカオス状態を
いつもなら楽しんでしまうのだけれど、
ナッツが無事育ってくれるかが気がかりで
そんな余裕がない。

ナッツよ、
もっと沢山食べて芋虫から早くやんちゃな子猫に
脱皮してちょうだい。
元気に育ってくれさえすれば、顔立ちとか性格なんて
どうでもいいよ。

睡眠不足で朦朧として書いている、
支離滅裂になってなければいいけれど。


テーマ:保護活動 - ジャンル:ペット

  1. 2012/08/14(火) 04:49:34|
  2. ピー&ナッツ預かり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ピーナッツ羽化?! | ホーム | 仔猫ピー&ナッツ>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/08/14(火) 09:38:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

メールさせていただきました~♪

  1. 2012/08/15(水) 09:21:17 |
  2. URL |
  3. レディグレタ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/417-1af92005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)