バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

多頭飼い~食事

昨日の続き。
サムは元気で気のいい男の子だ、
ただメナが大人しいので、
もう少し大人の自信のある先輩との
社会化の機会を作ってあげられると
もっといいのだけれど。
2012 8月5日サム

特に食事に関して。
わが家ではこれまで食べ物を巡って争いが起きないのが
密かな自慢だった。
それなりに気を配ってきたつもりではあるけれど、
やはり中心的存在のレディのパーソナリティが
大きかったのだと思う。

ところが最近、食事中にサムがメナに唸った。
たまたま早く食べ終えたメナがそばを
通っただけなのに、である。
子犬同士では牽制しあって声を出しながら
食べることは往々にしてあるので
心配はいらないのかもしれない、
でも、やっぱり子犬のうちから、
そういった芽は摘んでおきたい。
それで、今は3つのことを試している。
1つは:
食器を事あるごとに変える。
サムだけの食器を作らないようにして、
メナの食器や予備の食器、ネコ用の小さい食器、
そして時には食器以外の入れ物で、など
頻繁に変えている。
2つめは:
なるべくサムの食事は、食器を手で持って
食べさせる。
3つめは:
1つの食器に多めに作り、手で持って
メナとサムに交互に食べさせる。
相手が食べている時は待つ練習だ。
そして時には2頭が1つの食器に
口を突っ込んで食べるのを見守る。

2つ目については、ヒトに対して食事を守ろうとして
威嚇する子のリハビリで行われる伝統的な方法。
サムがヒトを威嚇するようになるとは
到底思わないが、食べ物を守ろうとする衝動は
色々な問題行動に発展することが多いので、
予防のために。
成果はいかに。

2頭で1つの食器から食べる所を撮るために、
おやつ代わりの野菜スープをあげている所。
最後の遊び風景では、相変わらずの「ぶら下がり」で
対抗するサムに呆れ顔のメナ。
もう引きずるには重すぎて、メナの手には
負えなくなってきているみたいです。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/08/06(月) 01:11:32|
  2. 社会化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<林家・・ | ホーム | 多頭飼い~リーダーって・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/410-918b8428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)