バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

サムのトイレと食事と車の途中報告

サムのトイレトレーニングの歩みは
非常~にゆっくりだ。
兄弟の中でもしかしたら一番遅いかも?
昨日も、珍しく隅のシーツにオシッコを
してくれたので、静かに褒めたら
・・・嬉しそうにジャァジャァ垂れ流しながら走ってきた!
もう~笑うしかないね、可愛いんだもん。
でも次からは終わった瞬間に褒めよう。

トイレに関しても色々な考えがあって、
シーツにさせるのは本能に反している、という人もいるようだ。
多分犬に聞けば、「外の、それも土の上がいいっ」って
いう子がほとんどだと思う。
ただ、「室内でシーツの上もOKなんだよ」ということを
理解してもらっておくと、よんどころない事情で
いざ室内でやってほしい、という時に
犬は罪悪感?に近い感情で悩まなくて済む。
一度も室内シーツでトレーニングをしていない子は
限界まで我慢し、シーツではなく隠れた所で
おどおどしながらオシッコしてしまうことになる。
よんどころない事情、例えば台風や暴風雨の時、
危険だし、散歩を心から楽しめるヒトは少ないだろう。
イライラしながら散歩をするより、シーツでしてもらって
室内で遊んだほうが安全だ。
そして、犬が老齢になったり病気で臥せッた時も・・
さらに、トイレについては、お外・シーツ以外にも
「トイレ」あるいは「オシッコ」などの合図を
犬と決めておくと、犬にも楽だと思う。
それは盲導犬のように「そこでしなければいけない」
ではなくて「そこでオシッコしてもいいよ」の合図だ。
してもいいししなくてもいい。
その時も、シーツトレをしていれば、
最初はその場所にシーツを敷いてあげることが
犬に、よりわかりやすいヒントになる。
ということで、私は室内のトイレトレーニングに
今日も励んでる(サムはどうか知らないけど)。


サムの食事は来て2日目くらいから生食に移行した。

サムが来てから慌てて引っ張り出してきた参考本。
もう10年も前のだから、本村さんのも、
須崎さんの本も、新刊がかなり出ているはずだ。
2012 7月8日本

この「生食」あるいはBARF(バーフ)についても
未だに喧々諤々、細菌問題や、健康上の意義のあるなし等
何かと話題になっている。
でも、犬の食事については、それこそ各家庭の問題で、
個人的に暴言を許してもらえるなら、
慢性のストレスのほうがずっと深刻な影響を
犬に与えると思う。 安いドッグフードを常食としていても、
穏やかで安定した家庭で、適度なストレス発散を
させてもらっている犬は、私は「幸せな犬」だと定義したい。
(友達のイヌの太り過ぎには厳しいことを言うけど、ごめん)

生食主体でも、火を通したものもよくあげるし、
ドッグフードも使うことがある。
BARFで推奨している「骨つき肉」に関しても
今のイヌの歯は、どうやら昔に比べて弱くなっていると
いう報告を聞いた。 牛の骨などで簡単に歯が欠けてしまうらしい。
犬の臼歯が欠ける時、ポッキリとわかりやすく折れるのではなく、
表面剥離が多いのでヒトが気が付きにくいが結構あるようだ。
なので、我が家では今は骨つき肉は鶏だけ、
でもこれも、今でも牛の骨をバリバリ噛み砕く
ツワモノもいるかもしれないので
個体にあわせて選択してあげればいいと思う。

ということで、サムは最初の3日くらいは国産牛肉とキャベツと
ヨーグルトのみ、要するに肉1種類、野菜もポピュラーな
アレルギー報告の少ないもの1種類のみでお試し。
子犬や保護したばかりの子ではこうして
アレルギー反応を見ながら慎重に食材を試していく。
牛は実家であげていたようなので、
まずは食べなれている牛肉から始めてみた。
これをすべてプロオセッサーにかけてペースト状にして
与えた。
牛+キャベツ+きゅうり、牛+卵の黄身+キャベツ・きゅうり
・・・といった風に、翌日のウンチと照らし合わせて
変えていく。
2012 7月5日食事

でも、サムはなんでもペロリ、ウンチも若干の緩い固いはあっても
問題なし、だったので、今では野菜だけプロセッサーにかけ、
肉も魚も卵も牛乳もあげてしまっている。
夏場なのでにんにくも時々ひとかけ入れているが
大丈夫、ただし、白ごはんはまだ早かったらしく
翌日のウンチがかなり緩かったので、穀類は
もうちょっとの間控えようかと思っている。
鶏の骨つき肉は、ウチでは常食だけれど、
与え方が難しいのであまりヒトにはお勧めはしていない。
子犬や、食べなれていない子には
ヒトが手にしっかり持って、噛み砕かせ、
丸のみさせないように支えてあげなければいけないけど、
最後までしっかり持ち続けるのが
結構難しいのだ。爪を喰いこませ、指に力をいれていないと
丸呑みされてしまう、大人のイヌなら強力な胃液で
なんとか消化できるかもしれないが、
子犬ではのどにつかえたりして危ない。
骨つき肉を持ち続けて13年の私でも(何のキャリアだか)
ツルッと指からすり抜けて慌てることが未だにあるので、
相談された時は、骨ごと粉砕して肉と混ぜた
良心的な製品を探したほうが無難、とお話ししている。 
2012 7月7日ごはん2
サプリは特に与えていない、
ただ必須脂肪酸(植物)は定期的に加えている
2012 7月7日ごはん1

おなじみのコングは鶏のレバー中心の手作りペーストを
わが家では使っているが、各家庭ごとに
中身は工夫されているようだ。
もちろん大人のイヌには手抜きで市販のペーストも
使っていて、これも便利だけど
何しろ高い、それと子犬には添加物もちょっと心配なので
今のところは大量に作って冷凍庫に詰め込んでいる。
豚肉も生は心配であげられないので
茹でたものをこれも冷凍庫に。
2012 7月8日コング
サムはコング、最後の底のほうまできれいに
舐められるようになった。
2012 7月8日コング2


最後に、サムの車トレーニング報告;
家にある工事用ネットで後部座席をしきろうか、
と考えていたら、知人のブログで「ネット破られたり!」
とのこと、仕方ないので子猫のサークルの一部を
拝借して即席仕切り壁を作成した。
なんだか護送車みたい、どんだけ凶暴な犬が
乗ってるんだろう・・
2012 7月8日車1
と覗いたら、あら可愛い!
2012 7月8日車2

でも高速も結構使うので、しばらくはこれで行くことにする。
30分ほどのテスト走行では、ずっとコングを舐めていて
落ち着いていたが、メナと家人が同乗していたからかも
しれない。 
というわけで、今から1人と1頭で東京まで行ってきます。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/07/08(日) 18:11:18|
  2. 育児日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<外出 | ホーム | グッドラック  ジャム&チイ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/07/09(月) 20:56:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

鍵コメさん、コメント非公開のようなので
後でメールさせていただきますね。
  1. 2012/07/10(火) 01:00:29 |
  2. URL |
  3. レディグレタ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/392-3fcf584d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)