バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ちょっと青臭いですが・・

お気に入りブログのdog dogactuallyに
先日載っていた藤田りかこさんの記事
「犬の問題行動コンサルタントであることの苦悩」の中に、

「自分こそ、この世界のオーソリティーでありトップであると感じ始める。
ほかの人の意見を排除しはじめたりする。
こうなると、コンサルタントとしてキャリアは終わりです」

というある動物行動コンサルタントの言葉があった。
記事自体もいつものように楽しく拝見したけれど、
この言葉が特に強く心に残ったのは、
次元が違いすぎて恐れ多いが
多分私の中に同じような思いがあったからだと思う。

繰り返しになるが、動物、とくに犬についての研究は
今も進められていて、日々更新されている。
昨日まで正しいと思われていたことが、
今日には覆されることも多い。
だから、自分のやり方こそ最も進歩的で絶対だ、
他のやり方は間違っている、と宣言することの怖さは
みんなよくわかっているはず・・・なんだけど
犬の専門家の世界での現状は他者への批判や揶揄であふれている。

D.I.N.G.O.では、他のやり方への批判はしないこと、
自分の技術と知識を高めることに専念すべきだ、
と学んだ、これは仕事上のことだけでなく、
個人の人間性にも関係してくることで、
守り続けるのは結構難しい。
以前ブログで○ーザー○ランのTVを批判してしまった私。

でも、今や先進的といわれる専門家からの
「強制訓練」やいわゆる「訓練所」に対する
批判や非難については、私には実は
あまりついてゆけない所がある。

かつて保護活動に集中していたころ、
咬癖犬を抱えて困り果てたことが何度もあった。
シェルターがある団体でさえそういった個体の
扱いや管理に頭を痛めているのに、
シェルターのない団体では、一般の預かり家庭に
依頼することもできない、スタッフももう手一杯、
という時、嫌な顔をせずに食費だけといった安価で
受け入れてくれたのはいつも、そういった訓練所だったのだ。
困っている者に立派な言葉をくれる人より
手を差し伸べてくれる人こそ善きサマリア人、というわけ。
その点でいえば、○ーザー・○ランも、
飼い主がイヌと上手くやっていけそうもない時は
自分のところに引き取っている、なかなかできないことだ。


もう一つ、技法や考え方の多少の違いで蹴落としあいを
している場合かっ、という思いがある。
何度も掲載した、「動物虐殺に快感を覚える異常性格者」より
もっと恐ろしい、闘うべき対象があるでしょう、という気持ち。

それは、動物を「物」としてしか見ない、
商売物・食糧・餌 としてしか認識していない人間。
劣悪なペットショップもその一つだけれど、
一般社会の中にいくらでもそういった例はある。
日本ではないが、例えばアメリカや欧州での闇の「闘犬」問題。
S.コレンの「理想の犬の育て方」の「11.怖い犬の恐ろしい作り方」は
吐き気を催す内容だった。
S.コレンへの賛否は置いておいて、この中で氏は実体験した
(潜入した)闘犬の生々しい育成方法を紹介している。
詳細は思い出したくもないが、
要するに猫や大人しい犬をチンピラに盗ませてきて、
それを闘犬の文字通り「生き餌」にするのだ。
ウチの猫が袋に入れられて闘犬の檻に投げ込まれたら、
と思うと身体が震えてしまった。
Big Tree For Animarusさんの記事、
ウージーの物語 で紹介されている
ウージーはそんな地獄から生還し、幸せになった稀有な例として紹介されている。

こんなことは日本ではありえない、と一見思えるけれど、
実は現代の子供たちを取り巻く環境は、
「生き物の痛みを感じとれる感覚」が育ちにくくなっている。
身近に他の生物がいない環境で育つことの危うさを
もっと多くの人に訴えるのが私たちの役割だろう。
我が子がどんなに学業が優秀で「大人しくて良い子」であっても、
ウサギをボール代わりに蹴って何も感じない子に
育ったらどうだろう。
これはもはや闘うべきヒト、ではなくて闘い続けるべき「環境」といえる。
こんな巨大な壁に挑むのに、愛犬家愛猫家が
結束しないでいてどうするというのだろう、というのが
今の私の心情。

ちょっと堅苦しい青臭いお話しになってしまった・・・

サムは今日初めての首輪と洋服に挑戦した。
家にいる時に首輪を装着するかどうかは個人の考え次第
(私は今の所家ではつけない、外出時のみ装着、という考えでいる)
だけど、今のうちから馴れてもらわないとね。
洋服も他所のお家を訪ねる時など抜け毛対策で着せることも
あるし、真っ黒い犬は夜間の外出時に
目立つように着せることもあるのでやはり
今のうちから馴れてもらいたい。
サムは首輪も洋服もあまり気にしていない(今は)様子。
サムって黄色が似合うと思いませんか?
2012 7月5日サム2

2012 7月5日サム1

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2012/07/05(木) 22:34:19|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<グッドラック  ジャム&チイ | ホーム | スターライト>>

コメント

サムくん はじめまして!

そろそろ フラットの子犬が来ている頃だろうと気になりながら、雑事に追われてブログを拝見できずにいました。
サムくん、イエローTシャツお似合い♡
我家の陽も黒いので、元気色が似合います!
陽も家ではお散歩用首輪は外して、ネームカラーだけにします。革アトリエサシャで作ってもらった幅1cmの革に「My name is 陽」と私の電話番号が刻印されていす。
メナちゃん、サムくん、今度、会いたいですね♡
  1. 2012/07/07(土) 17:33:53 |
  2. URL |
  3. サンママ #jK044hbg
  4. [ 編集 ]

Re: サムくん はじめまして!

カラーについては悩むところです、
事故も怖いし、かといって災害時も不安で・・・
細い革製ならいいかも?ですね。
陽ちゃん、ぜひサムと遊んでね。
2回目のワクチンが済んだら
色々遠出したいと思ってますので
ホントに押しかけますよ♪

  1. 2012/07/07(土) 17:56:02 |
  2. URL |
  3. レディママ #-
  4. [ 編集 ]

か、か、かわいい~!(*^_^*)
パピー用のTシャツあるんですね。
知らなかったなぁ。RIKUも冬場は着せていましたが、この時期用にクールTシャツを最近購入しました。
信州でも日中は意外に気温が上がります。湿度が低いせいかそれほど不快指数はあがりませんが、それでも黒犬にはつらい季節であることには変わりがないようです。

それにしてもサムくん、かわいいなぁ。
  1. 2012/07/08(日) 19:20:09 |
  2. URL |
  3. リクはは #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

リクははさま、あのTシャツは「柴犬用」なんですよ。
可愛い、って言っていただけて嬉しい親心ですが、
他の兄妹の美しいアーモンドアイと比べると
垂れ目でちっこい目のサムは
「おとぼけ路線」をひた走りそうです(^^)
Rayちゃんが信州に行ったら
そちらにいつか遊びに伺いたいと思っていますので
RIKUちゃんにもどうか宜しくとお伝えください。
  1. 2012/07/09(月) 05:52:53 |
  2. URL |
  3. レディママ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/390-f2db735f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)