バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

仲間と遊ぶ

木曜日は久しぶりにちりちゃんペアと三浦海岸へ♪
元々はレディの親友だったのが、
その縁でメナのイヌ友にもなってくれている。

さすがのちりこももう11歳、
往年の活発さはないけれど
性格の良さは相変わらずだ。
イヌは幼児性の残る生き物だが、
特にラブラドールという犬種は
いつまでも陽気で社交的な気持ちを
持ち続けている子が多い。

メナの嬉しそうな表情、
彼女は気の置けない仲間との遠出では
こんなふうに幸せそうだ。
見ている私まで幸せな気分になる。
仲間同士のボディシグナルも随所に観察できて
面白かった。
メナの一見無駄な動き・・・例えば
ちりこの前でくるくると回ってみせるのも、
「遊び気分」の表現かもしれない。

水中でのちりこの無駄のない泳ぎ
(水しぶきひとつたてない)、
岩場でのメナの軽快なフットワーク、
それぞれの得意の違いも、
その由来するところの身体の構成も興味深い。
ラブの大きくて水を掻くのに適した足先、
広い胸や丸い胴体は沢山の空気を取り入れ
水中で身体を浮かせてくれる。
メナの小さな足や細くて長い脚は
ごつごつした岩場を飛び回るのに都合がいい。

余談になるが、足先の小さい、脚の細い犬では特に、
太らせ過ぎは残酷な結果になりやすい。
重さを支えきれずに歳とってから
足腰に支障をきたすことが多いのだ。
太った犬を指して「この子は大人しい」というのは
間違いだと私は思っている。
飛び跳ねたくてもできないだけ、
どこか痛みがあってはしゃぐ気になれないだけ
かもしれないのだ。
心優しいヒトほど、ついほだされて
美味しいものを過分に与えてしまうのだろうが、
イヌは「食べられる時に食べておけ」という
掟を未だに守っているので、
この点だけはしっかり管理してあげたい。

城ケ島では犬連れでの食事に苦労していたのが、
灯台の傍に素敵なお店があった♪
おしゃれなドッグカフェとは程遠いけど
店の脇に引き込みの形で内庭のような席があり、
イヌを連れてゆったり食事できる。
まぐろ丼、さざえのつぼ焼きなど、美味くて安いし、
100%ノンアルコールビールのおつまみに
ソラマメをサービスしてくれたり、と
とっても親切にしてもらった。
また寄せてもらいます。
2012 5月31日城ケ島2

2012 5月31日城ケ島5
2012 5月31日城ケ島8
2012 5月31日城ケ島9

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/06/01(金) 23:03:36|
  2. 遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仔犬に会う | ホーム | 現代に生きる犬>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/365-f841ea2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)