バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

犬との関係、ひとそれぞれ・・・

「亭主元気で留守がいい」なんて
今までは思ったことなかったが、
最近は時折「うんうん」とうなづくことがある。

原因はビデオ。
このところ家人が韓流時代劇にどっぷり嵌っていて
時間があれば観ている。
チャングムの誓い、イ・サン、ファンジニ、
商道、トンイ、鉄の王キムスロ・・・
もう題名も忘れた物も幾つかある。
そして今朝も徹夜で「善徳女王」を見てた。

先日読売新聞で
「今、韓流時代劇が50代からの男性に大人気」
と載っていたけど、ウチもまさにそれ!
まったく日本男児の王道を行ってるヮ。

初めのうちは付き合いで一緒に観ていたけれど、
今やもうウンザリを通り越して、
身体に拒否反応が出てしまう。
だってどれもすご~く長い、全50話なんてザラだし、
続けざまに観ていると、頭が痛くなり、
ちょっと胸焼けがしてくる。
(ドラマが詰まらないということじゃなく、
量の問題デス)

善徳女王2

あぁ、あのソファで寝転がって好きなお笑い番組を
ゆっくり見たい・・・そんな時
「亭主元気で」と思ってしまうこのごろ。

でもあの粘り強さ(というか、気の長さ?)には
感心する。
おんなじような内容(?)に飽きないんだろうか。
犬を育てる時にはああいう性格が
プラスになるんだろうなぁ、と思う。


すぐ結果を求めたり、つまらないことに
感情的になったりしない。
気が長くて、動じない。
咬まれても「怖い」と思わず平静でいられる
・・・実はあとで聞いたのだけれど、家人は
私があれほど咬まれないように、
咬む経験をさせないように
気を使って育てていたまるちゃんに、
初めのうち何度か咬まれたんだそう。
(どうやら今までの預かり犬の何頭かにも
   咬まれたことがあったらしい)
血が出るほどではなかったので
本気ではなく警告、あるいは反射的なもの
・・・もう条件反射のようになってしまっている子もいる・・
だったんだろう。

凄い、と思うのは、その後も
犬に接する態度に微塵も
ためらいがなかったことだ。
口移しに食べ物を与えたりとか、
普通咬まれた犬にはできないものなのに。

まるちゃんが、不用意に触った家人に警告咬みをした後、
あれほどべったり慕うようになったのは
何故なんだろう?と今も思う。
家人が帰宅すると、異様な甘え声で
腰をくねらせて出迎えていた
(私の時はひどいと出迎えにも来ず寝てた)
顔を舐めまくり、傍を離れない
(私がチューして、っていうと嫌そうな顔で義理でした)
まぁ、只々優しくて、食べ物をいくらでも
分け与えてくれる、ガードの緩さも
魅力だったんだとは思うけれど。


2012509まるお

犬はヒトの無意識の身体のサインだけでなく、
身体から発する匂いからさえ
感情を読み取る、
特に恐怖などは隠しようがない。
咬むことを防衛手段として身につけた子は
多分、咬まれたヒトが怯む、怖がる、のを
確実に感じ取る経験をしたのだろう。

警告咬みに全然ひるまない(恐怖を感じずにいられる)、
かといって制裁もしない、
変わらない安定した態度で接し続けること;
咬むという問題行動の一般的な解決方法とは
思わないが、それで犬の信頼を
得てしまうヒトもいるんだ、
そう思うと、「こうしなければいけません」
とか「あんなやり方はダメです」
と言い切る自信が益々なくなってくる。

それでもこういったやり方は
賭けのようなもので、
失敗すれば、一層関係が悪化することもある。
賭けの代償が犬の命(殺処分)だとしたら、
確実に勝てる・・・楽しい愛犬との生活を取り戻す
・・・方法をこれからもお勧めしたいと思う。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/05/09(水) 08:38:04|
  2. 咬みについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぽち | ホーム | 黒い犬>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/349-df423aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)