バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

雑種犬考察

三ツ池公園に久しぶりに散歩に行った、
のはいいのだけれど、桜の時期の混雑を
忘れていた。

三ツ池さくら

しかも、3月までは平日無料、4月から500円の
駐車料金がこの時期は特別800円だということも
忘れてた。
もったいないのでできるだけ長くいようと
貧乏根性を出したのはいいが、
メナはどうやら意見が違っていたようで
人ごみを嫌って「早く帰りましょうよ」と言う。

それでも以前に比べるとすごい進歩、
パニックになることなく、
にぎわうヒトの群れの前も通り過ぎることができた。
さすがに一通り歩いて二周目に入ろうとすると
駐車場のほうに引き返したいそぶり、
いつもならメナの意思を尊重するのだが、
「勿体ないから800円分もう少し・・」と
リードを引っ張る、意見が食い違う時は
リードを少し張って歩き出せば
ついてきてくれるのに、今日は
中々動こうとしない。
しばらくケンカしてる恋人たちのように
リードの端と端でお互い固まっていたが、
ようやくメナ、あきらめてトコトコ歩き出してくれた、
と思ったら、なんと私の前に身体を差し入れて立ち止まり、
私の動きを止める、という行動に!
しかもこちらを見上げてじっと訴えてくる。
う~ん、凄い! 我が犬ながら、感動してしまう。
ということでメナに説得されて散歩は切り上げ。
だってこんなふうに頭を使って話しかけてくれる犬に
なってほしかったんだもの、それに
答えなきゃパートナーじゃない。

またまたテンプル・グランディンの「動物感覚」
の話になるが、中に雑種犬の勧めといった箇所がでてくる。
純血種の単一形質繁殖の否定的影響と、
一方での雑種犬にかかる建設的な淘汰圧(113頁)について
語っているが、その影響で、身体的な健康だけでなく
情動的な安定が、より雑種犬に見られるという。
それは闘犬などのような攻撃性を重視といった
単一形質繁殖のみでなく、ラブやゴールデンのように
「恐怖心があまりなく、攻撃性が低く、社会性が高い」
選択をされてきた犬種にも問題が生じ始めているのではと
危惧している・・・つまり、そんな組み合わせは
本来自然では考えられないからだ。

一方でまだ確たる裏付けはないようだが
「身体の一部に白い毛のある動物は好奇心が強くて用心深くない」
とか・・・ただし全身が白いということでなく、濃い色の中に
例えば胸に白い毛が生えているような個体を指している。
「胸に白い小さな斑点のある黒い子犬が
情緒不安定だったら驚きだ」(=そういう個体はたいがい情緒安定している)
など大胆な個人的推測も披露してはばからない。
もうこんな話が各章山盛り、面白くてまた二度目を読み返している。
この2年、メナと向き合って色々漠然と思っていたことと
重なるのが嬉しい、もっともこんなふうに明快に
突き詰めてはいなかったけど。

胸に白い班のある黒い子は預かった中では
テオくらい・・・確かに懐こくて陽気な子だったけど
teo2.jpg

「動物感覚」は6年前に発行されているので
もう犬好きの本好きの間ではとっくに普及している
名作だろうが、もしもまだ読んでいない方がいたら
騙されたと思って是非読んでほしい1冊だ。

そうそう、文中では「アレックスと私」(これも名作だ)の
オウムのアレックスがまだ健在で、テンプルが
このコンビの研究にかなりの期待を寄せているのが
ちょっと悲しかった・・・本著は2005年アメリカで出版されたが
アレックスは2007年に突然死しているのだ。

「アレックスと私」の最後では号泣した(汗)
本アレックスと私

ということで(?)メナの気分がよくわかる
尻尾の変化をご覧ください。

立ち止まってヒトの群れをやり過ごしている時
ちょっと緊張と不安
三ツ池メナ尾2
頑張って歩くゾッていう感じ?
三ツ池メナ尾3
面白いことに、メナにとって家の次に安心な車の前に
来た時に、急に尻尾がへたれに!
振り絞っていた気力が、ようやくたどり着いた安心感と
共に萎えてしまった・・・無理して頑張ってたという証拠だね
三ツ池メナ尾4
そして帰宅
どんどん上がっていく尻尾をお楽しみください(^O^)

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/06(金) 05:08:26|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手作り食 | ホーム | 近況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/324-ff3b9e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)