バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

手作り化粧品

先週の日曜日、手作り化粧品のワークショップに参加した。

最近知り合ったSさんが、手作り石鹸やアロマの講座を
開いていらっしゃることを知り、
色々お話しを伺った。
主に犬のためのソープやアロマが中心とのことだったが
わが家の今のメンバーはほとんどシャンプーしたことも
ないし肌トラブルもないので
それほど切実な必要性を感じていなかった。
でも、そういえば、過去に預かったアーサーと
まるおが一時肌トラブルに見舞われたっけ・・
アーサーは去勢後に腹部に湿潤系の湿疹が表れたもの、
まるおは長期にわたる病院ケージ拘留の
ストレスによる抵抗力低下で、真菌由来の禿げが
体中にできたもの(それが可哀想でわが家に引き取った)、
どちらも時折の薬浴と生食、ゆっくり「寝かせる」ことで
完治したので、遺伝的なものではなかったもよう。
でも、しつこい湿疹や肌の深刻なトラブルに悩む
犬猫も増えているようだし、
こんなふうにそういったペットのために
真剣に考えてくださる方がいるのは心強い。

お話しをしながら、ふと「人間用の化粧品は
手作りできないんですか?」とお聞きすると
できますよ、とのお返事。

じつは私、自分の化粧品についてちょっと
悩んでいたもので・・といっても生まれつき肌は頑丈、
肌トラブルではなくて、これでも「動物実験をしていない化粧品」に
こだわっているんである。
菜食主義にはなれそうもない、でも毛皮は着ない、など
軟弱な動物愛護家な私だが、化粧品のために
拷問を受け続けるうさぎ(身体を固定されて眼に試験薬を点滴され
続け、どのくらいで眼が潰れるか試される)や
実験用に売られた犬猫が「たかが化粧品」のために
どんな残酷な実験を受けているかを見てしまってから
できるだけ実験をしていない化粧品の応援をしよう!と
決心したのだ。
表面上「動物実験していません」と謳っている会社でも
じつは下剤は下請会社から仕入れていて、
その下剤は動物実験している、なんてお話しも
聞いたので、今は動物実験に積極的に反対姿勢の
化粧品を作っているマイナーな(失礼?)会社から
ネット購入している。
以前たまたまその社長とお話しする機会があった。
当時動物実験していない化粧品会社が日本になかったため、
自分で化粧品会社を作ってしまったという愛犬家で、
その姿勢に共鳴して、個人的に応援したくて
その化粧品を使っているというわけ。
ただ、どうしても少しお高めになるので
・・といっても某一流化粧品会社のものほどではないが、
気軽にバシャバシャ使うのがはばかられる(私だけ?)
別に究極の美を求めているわけでもないので
動物実験していない安価なボディ化粧水なんて
ないかしらん、と探していたところだった。

そんなお話しをすると、Sさん、気軽に
「じゃぁ、今度そんな講座を開きましょう」と受けて
くださったというわけ。
当日はもう一人のお客様と3人で、楽しくおしゃべりしながら
「ラベンダー芳香蒸留水で作る化粧水と保湿乳液」を
作った。
Sさんって、おっとりとした春風のような
穏やかな雰囲気の方だが、子供のように「これは何?」「なんで?」
と質問攻めにする私に、ていねいに全部
答えてくださる、すごい知識量だ。
テンプル・グランディンの「動物感覚」を今読んでると
いう話をしたら、現物を本棚から取り出して見せてくれた。
同じ本を読んでる、というだけで嬉しくなるものね。

材料はすべて用意していただき、私たちは蒸留水が
抽出されるのをお茶をいただきながら待ち、
ビーカーでカチャカチャ撹拌したり、
なんだか子供の時の実験でもしているみたいで
とっても楽しかった。
材料の一つ一つが天然のもの、目の前で
説明してもらいながら、「へぇ~」とうなづく。
レシピもいただいたが、費用や手間を考えると
こうしてワークショップに参加させてもらって
気軽に作るほうが安上がりだ。
参加費から計算すると、1本1000円ちょっと(化粧水と
乳液1本ずつ)という計算。
今回の化粧水は身体、顔、髪どこにも使えるということで
ためしにヘアーブラッシングウォーターとして
使ってみたら、髪に張りができた、しかもべたつかない。

天然防腐剤の効果は人工のそれほど強力でないので、
2か月くらいで使い切ってほしいとのこと、
また2か月後に是非ワークショップを開いてもらいたいわ。
仕上げの香りは色々なオイル(植物)から自分で
選べるので、今度はフローラル系で作ろう。
ペット用のソープやブラシングウォーターも
いいけれど、こうやって「自分で作る天然化粧品」が
もっと流行るようになれば、動物実験に対して
先進国に10年遅れているといわれる(もっとかな?)日本でも
もう少し関心が高くなるかも。

興味のある方はこちらまで(ただし、人間用の化粧品は
常時開催ではないので問い合わせしてみてください)
Peach Blossom

ワークショップ中接客をしてくれたビット君
人懐こい素敵な子
化粧品作り

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/30(金) 11:46:30|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「動物感覚」についてと、老猫パルの優雅?な1日 | ホーム | お知らせ~地域猫の集いについて~>>

コメント

レディママさま
ブログ時々寄らせていただいています。
以前は、レディママさんお勧めの本「深読み・先読み」を買いましたよ!
アロマいいですよね。
自分のしもやけ対策にハンドトリートメント、愛犬の虫除けスプレーなど、香りに癒やされます。
  1. 2012/04/04(水) 09:49:39 |
  2. URL |
  3. サンママ #fHuNn3B.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お久しぶりです、サンママさま、今は陽ママさんですね。
そういえばアロマセラピーをやっていらっしゃったんでした!
自分の化粧品は自分で(楽しみながら)作る、っていうのが
これからもっともっと流行るといいな、
無駄な動物実験を減らすことにもつながれば、と思っています。
サンママ様のところでも是非セミナーやってください。
6月にはわが家にも真っ黒いのが(今度は男の子)来る予定です。
今から犬友を探しています、どうぞ陽ちゃんに
お友達になってくれるか聞いてみてください(^O^)
レディママ
> レディママさま
> ブログ時々寄らせていただいています。
> 以前は、レディママさんお勧めの本「深読み・先読み」を買いましたよ!
> アロマいいですよね。
> 自分のしもやけ対策にハンドトリートメント、愛犬の虫除けスプレーなど、香りに癒やされます。
  1. 2012/04/04(水) 17:08:43 |
  2. URL |
  3. レディグレタ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/319-350aeb2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)