バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

老猫パルだけれど、どうやら復活した模様。
一時はもうダメかと思ったけれど、
おじいさん、なかなか根性がある。
食べなくなった時に、もう好きなものを
食べさせようと、野菜と煮込んだ
とろとろになった鶏と豚肉をスープごと
食べさせていたが、それもよかったんだろうか、
結局持ち直した原因はよくわからない、
けどとりあえず嬉しい。
一時危なかった時と今の顔つきで
一番変化がわかるのは目つき。
猫も痛みなど体調が悪い時は顔に
緊張がみられ、結果目つきが鋭くなるように思う。
調子最悪だったころ  どこか痛みがあったんだろうね
パル2
昨日のパル 顔に緊張がなくなって眼もぱっちりしている
ぱる1


犬は身体全体、色々な部位でその時の感情を
あらわにする。
顔もとても表情豊かだ。
顔を触りまくってみると、全体の皮膚がよく動き、
やわらかい。
鼻のまわりも皮は薄く柔軟だ。
柴犬のように鼻周りの皮膚が少し厚ぼったい子は
例えば鼻シワがよりにくい気がするのに対し、
レディなどマズルの長い洋犬は口や鼻まわりの
皮膚もやわらかく、色々な動きがしやすいように見える。
だからか、柴犬が鼻シワをする時は
かなり大げさな「ウ~ッ」になるのに対して
皮膚の柔らかい子は「ちょっとイヤ」の軽い鼻シワから
「寄るなッ!」の大げさな鼻シワまで
結構バリエーションがある。
犬の毛色や柄も、表情を際立たせる役割を
果たしていることがあるが、
一方でそれが邪魔になっている場合もある。
黒い犬が相手にとって感情を読み取りにくいと
いわれるが、確かに一理ある。
社会化された黒い犬はそれを補うために
他の犬より頻繁に舌を出したり、白目を有効に
使うのではないかとも言われている。

日本では四ツ目といわれた眼の上の班、霊能力があるとも言われたらしいが、
表情を強調する助けになっているかも?
顔1
白地に黒斑って紛らわしくない?
顔2
表情豊かといわれるハスキー
顔3
メナの顔の模様はものすごく表情を際立たせる
顔4
白い犬は眼や口で作る表情が相手にわかりやすい?
顔5
グループのリーダー的な存在の犬だった。わかりやすい顔ね
顔6
ププッ可愛い ここまでへたれ垂れ耳だと耳での表現は難しい?
顔7
レディ 黒犬のこんな角度だと相手の犬には一切表情がわからないね
顔8
可愛いけど、相手の犬からしたらどうなんだろう?
顔9
立ち耳は表現に有利というけれど、飾り毛が邪魔にならないんだろうか
顔10
口周りが黒い子は日本ではあまり好かれない、泥棒顔だって・・
顔11
黒ラブって大好きだけど、喧嘩に巻き込まれることが多いとも聞いた
顔12
人間から見てもハンサム!表情もとても豊かな子だった
顔14
こうやって並べて見ると、ぱっと顔認識しやすいのはやっぱり白い子か
顔13


一方の猫はどうだろう。
勿論猫だって色々な
感情表現をする、一番わかりやすいのは
尻尾というヒトもいるが、飼い主と
親密な猫は、飼い主だけにわかる微妙な
顔つきで意思表示しているように思う。
じっと見つめる、ということ一つとっても、
なんか機嫌が悪いな、とか、
「すんごく好き」って言ってるな、とか、
わかる(つもりになってるだけ?)ものだ。
ただ、群れで行動するという本能的な欲求が
希薄な動物なので、犬ほど豊富なサインは
ないのかもしれない。
犬は自然と出てしまうサイン以外にも
相手に伝えようとする動きがたくさんみられるが
猫のそれは、感情がそのまま外に現れただけの
ものなのかもしれない。
単独行動が多い動物、例えば熊なども
顔の表情が素人にはわかりにくいと言われていた。
猫の世界でもやはり毛色や柄などは
表現に影響を与えているのだろうか。
私からみると、やはり黒い子は少しわかりにくい
ような気がする。
トラネコの額に見られるMマークのような
模様や縞は、表情をより際立たせるのに
有効なのではないだろうか。

黒猫 でも猫は眼が大きく、目立つ色なので、眼の表情ははっきりわかるね
額のシワとか鼻シワなんかがわかりにくいかも
猫顔5

猫顔8

猫顔1

猫顔2
わが家の姫、ハッピー う~ん、何も考えてないかも
猫顔3
のび太 
猫顔4
ラッキーのほうがおでこのMがくっきり
この額のMは、猫がトラの大王からもらったっていう伝説?があったっけ
猫顔6

猫顔7

こうやってみると、猫は色で眼の表情があまり邪魔されていないようにみえる。
犬ほど額にシワをよせたり、鼻シワをしたりをしないし
(鼻まわりの皮膚も固い!)
口を開けていることもないので、猫を飼ったことがないひとには
能面のような、感情がわかりにくい動物と思われてしまうかも。
眼はもちろんのこと、耳や尻尾、行動でもたくさんのことを
表現している、感情豊かな生き物なんだけどね。

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/03/24(土) 16:00:49|
  2. 犬と猫について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お知らせ~地域猫の集いについて~ | ホーム | 犬について>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/03/31(土) 07:40:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 四つ目

こんにちは、コメントありがとうございます。
お話しを伺う限りでは、ゆきちゃんは
幸せな生活を送っているなぁ、と
微笑ましく思いました。
あとは限りある時間を
素敵な思い出で埋めてあげることだけ
考えていればいいのではないでしょうか。
野山をのんびり散策するのは
気心のしれたペア双方にとって
至福の時間になるかと思います。
どうか少しでもそういった時間が
長く続きますように。
レディママ

> うちも四つ目なんです。。。恐ろしい程表情が豊かだと
> 良く言われて居ます。そして犬の本、レディママさんが
> 読まれたという本、まだ拝読して居ないのですが
> ずっと悩んで居ます。野生と現代のイヌの狭間で。。。
> 私はそもそも躾など出来ないぐうたら飼主なのですが
> 野性を強く持っているであろううちのゆきは迎えた時から
> 人と共存するには完璧な子でした。リモコンはもって来る、
> アレルギー酷い飼主が鼻を啜ればテッシュボックス、
> 郵便、宅配は玄関で停座待機。。。獣医の薦めでCAPP
> へも参加して居ました。。。今でも不思議です。本当に
> 何等躾もして居ないのに、と言うか出来ない。。。
> 何故こんな飼主なのにこの様な100%完璧と言って良い子が
> 育つのか。。。と我子自慢、すみません。。。
> 少しでもこの子の持つ野生や恵まれた素質の芽を摘みたくない
> のに、摘み採り切って一緒に生活をした13年間です。
> そう遠くは無い、惜別の刻を迎えるであろう今、どうして
> あげれば良いのか、毎日頭から離れません。因みに雑種の
> うちの子のルーツを12年かかり調べました。母イヌはフラット
> 基本のボーダー、シェル、オウシー混、父イヌが柴でした。
> DNAはアグーチルーカスのaaかabとかay?だったかと記憶して
> 居ます。牧羊が強いうちの子にはもっと何等かのその素因を
> 生かさせてあげたい思いが今でもありますが。。。もう走る事は
> 無理です。。。本当、どうして良いのやら。。。
  1. 2012/03/31(土) 14:57:59 |
  2. URL |
  3. レディグレタ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/317-7caefdfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)