バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

伝えるということ

一昨日もセンターのボラに伺った。
センターで、犬たちの世話をしているとき、
ボラの中でリードの着脱の練習もこれから
少しずつやっていってほしい、という
職員の先生のお話から、
ふとハーネス(胴輪)はありますか、と
お聞きすると、
トレーニングには首輪にリードが
良い、そのほうが意思が伝わるので
ハーネスはつかわない、何故なら・・といった
お話が始まってしまった。
多分「この人はトレーニングの基礎も知らないんだな」
と思われたのだろう。

私自身、しばらく前までは飼い主さんに
「トレーニングには首輪(チョークはダメ)に
リードでしましょう、ハーネスはあまり細かい
リードコミュニケーションがとれません」と
ずっと言ってきた、
その理論が少し前まで王道だったことも
充分知っている。
それでも、
リードさばきがまだうまくいかない飼い主さんが
ぐいぐい引っ張ってしまうのを目の前にして
犬が可哀想だと思っていた。
どんなにリードはゆるめてね、とお願いしても
そうすぐには上達できるものではない。
そしてリードを緩めて、というと
どこまでも犬にくっついてあらぬ方向に
行ってしまったり・・・

「首輪にリード」がトレーニングに有効なのは
もしかしたら首がとても敏感だから、
はっきりいえば痛いからではないの?
という疑問がいつもあり、
だから教室でもできるだけリードと首輪に頼らない
フリーな環境でのレッスンを心掛けてきた。
広い教室でフリーにすれば
はじめのうちはなかなか言うことを聞いてくれない;
ちょっと目を離すと粗相(というかマーキングね)する;
といった困ったことが起きるのだけれど、
そしてその後始末(カーペットタイルを洗うなど)も
しなければならないが、
それでも飼い主さんに、犬との意思疎通に
リードに頼らない、ということを理解してもらうには
とてもよかったと今でも思っている。
どうしたら愛犬が戻ってきてくれるか、
必死で考えることから
さまざまな(人間側の)トレーニングが
始められるのだ。

そして今、首輪ではなく、犬に痛みを与えない
ハーネスでのトレーニングを推奨する動きが
少しずつ出てきているのをネットなどで見て、
あぁ、やはりね、とうなづいている。
ハーネスの効能は、もちろん犬に苦痛を
与えないトレーニング、ということだけれど、
もうひとつ、対他犬との接触の際にも、
首輪よりハーネスのほうが犬のボディランゲージを
阻害することが少ない、という言葉に
「そうだっ!」とひざを叩いたのだった。
首輪ではリードをひけばどうしても
前半身があがり、頭も高くなり、
威嚇するような姿勢になってしまう。
相手も対抗的な態度をとる、
そんなことが続けば他犬に会うたびに
緊張するような犬が出来上がっていくのは
当然だろう。
首輪が絶対にノー、ということではない、
ハーネスをまずつけさせない子の場合は
馴れさせてからの装着になる、
その間は脱着の楽な首輪のほうが
いいと思うし、絆が深まったペアでは
首輪だろうとハーネスだろうと
なんだってかまわないと思う。
ただ、リードさばきをこれから、
というペアでは、また首の細い小型犬では
ハーネスからのほうがいいように思う。


どんな職業でも
いつでも常に学び続けなければ
あっという間に知識は古びたものになり、
知らずに恥をかくことになる。
まして犬の行動学、生態などは
日々新しい発見がこれからも続いていく、
犬のルーツでさえ一昔前までは
ジャッカルではと言われ、
狼だと言われ、今は(多分今のところ)
アジアに生息していた狼の一種ではと
言われ二転三転してきた。

それでも、学者さんや研究家が
発信してくれる最新情報をそのまま
悩める飼い主さんに伝えるのが
インストラクターの仕事かといえば
そうではない、
その飼い主と愛犬が理解でき、
取り入れることができるように
翻訳し、取捨選択して伝えることが
できなければ、飼い主さんは
本を買ったほうが安上がり、という
ことになってしまう。
受け入れてもらえなければ
本当に「伝えた」ことにならない。
さらにセンターでのケースのように
相手が違う方法論を持っている場合
頭から否定するのではなく
会話を成立させるのは
もっと大変だ。
「その方法ならとっくに知っています」
と言えば角がたつばかり、
アドバイスを求めている飼い主さんを
相手にするよりずっと困難で
充分な時間が取れない限り
黙って拝聴するしかないのが
今のところ私の能力の限界なのだろう。

人間同士でさえ「伝える」ということが
これほど難しいのであれば
種の異なる犬相手ではいかほどの困難が・・
が、実は人間相手より
数段コミュニケーションは楽だと思える。
コミュニケーションの内容が
ずっと単純で、明快だからだ。
敵意がないこと;
陽気でいい奴だと思ってもらえること;
少しは犬語がわかると感じてもらえること;
それを伝えることができれば
精神に異常をきたしてしまっている犬以外は
とりあえず友好条約を結んでくれる。
なにより人間相手より楽なのは、
犬は最初から人間を受け入れる準備が
ある珍しい生き物だから。
そんな犬のようなオープンハートな人間は
なかなかいないものね。

人間には珍しい「あけっぴろげな奴」とメナメナ1

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/19(木) 09:54:44|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本来の犬って、そしてフラットについて | ホーム | 老いたペットに想う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/305-c782a652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)