バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

キャットカフェ

今年ももうあと1日になりました。
2011年は日本史に残る年になることは
間違いないでしょう。
どうか愛しい人を亡くされた方がたの
哀しみが少しずつでも癒されますように。
未だに新しい生活を踏み出せないでいる
被災地の方々に、政府が一刻も早く
充実した支援をしますように。

先週今週と愛護センターのネコ舎のお手伝いに
伺ってきた。
色々使い勝手がいまいちという部分もあるけれど
(実際に業務に携わる職員の方の経験や意見が
設計に生かされていないように思える)
それでも今まで見てきた愛護施設からすれば
天国と地獄ほどの違いだ。
昔は収容されている動物の表情に、恐怖や怯え、あきらめの
哀しみを見てとり、行くたびにやりきれない気持ちに
なったものだけれど、新センターでは
現状でできる限りの世話が行き届いていて、
しかも微力ながら私たちにも世話のお手伝いができ、
無力感に襲われるということはない。
それでもやはり、絶対的に人との接触や自由になる
空間、運動は足りない。
成猫の譲渡はほとんどないのはどこでも同じ、
そうなると保護動物のそこでの生活の水準を
いかに一定にしてあげるかが
問われることになるが、その辺は問題山積、
というところだろう。

2回の訪問の間に、奇しくも地域猫スタッフさんに
同行させていただいて「キャットカフェ」に
初めて伺う機会があった。
それまで「ネコカフェ」なるもの、どうも
胡散臭い匂いがして敬遠してきたのだけれど、
せっかくのチャンス、しかも保護活動にご協力
いただいているお店ということで
連れていっていただいたのだ。
行ってみて、色々考えることがあった。
一口にネコカフェといっても千差万別、
一概には言えないのだろうけれど、
そのネコカフェは、愛護センターでの
猫のQOL(クォリティオブライフ)の課題に
対する啓示を与えてくれたように思える。
そこは土足厳禁、室内は広く、そこかしこに
キャットタワーやねこちぐら、ソファなどがあり、
天井近くには梁状に柱が巡っていて、
猫は好きなようにしている;
お客はしつこくすれば猫はとっとと逃げてしまうので
いかに上手に撫でるか、どうしたら猫じゃらしで遊んでもらえるか
手腕を問われることになる。
また、メニューは飲み物だけで食事は出ないので
食べ物を巡っての猫との駆け引きも猫たちの間での
軋轢もない。
そこにいる猫たちに全くストレス行動が見られないのは
ネコの数に見合った広さと充分な休む場所の設置、
静かな環境など適切な配慮がされているからかと思う。
穏やかな個体だけを集めたわけではなく、
多少怖がりだったり、警戒心がある子を譲り受けても
「何故か」そのうちに落ち着いて人間に触られるのも
平気になってしまうそうだ。
もちろん「何故か」とははっきりしている;
・広さに対する個体数も含めて、あるべき環境が整っている
・集団全体が平穏で調和がとれている
・訪れる人間が行動をわきまえていて嫌なことをしない
・行動はすべて自由であり、ゆっくり時間をかけて
 場所・他猫・人間に社会化していくことができる

センターの将来の猫舎の理想の形がここにあるのでは
ないだろうか。
今は病気の伝染や怪我などを恐れて?個別にケージに
入れられているが、成猫の譲渡が長期戦であること
(はっきりいえばほとんど絶望的であること)を考えれば、
伝染病などより精神的なケアのほうを重視すべきだろうし、
見学者もガラス越しに見るだけではなく
お互いが触れ合えるようにしたほうが猫にも人にも
良い結果が出そうに思える。
その場合は環境の整備(広さ、高さ、個数など諸々)が
非常に重要だけれど。

すぐには難しいだろうということは過去の「お役所仕事」
のあきれるほどの遅さ~民間なら1か月で動けることが
役所経由では何年とかかる~からわかっている。
それならこういった優良キャットカフェでできることは
ないだろうか。
例えば、
・最近痛切に感じている児童への動物体験学習;
4~5人ずつの小グループに分けてキャットカフェで
猫への接し方、猫の生態などを実体験してもらう
・介護施設などへの訪問活動を一歩進めて
 希望者がカフェに来るのをボランティアが
 お手伝いする・・・少数の動物が大勢の人間の間を
 回って歩くよりずっと、家の居間にいる感覚を
 思い出していただけるだろう。
 ただこの場合風邪など伝染しやすくなるリスクがあるので
 よほど個人の希望が強くなければ実現は難しいかも?
 

繰り返すが、世の中にあるキャットカフェすべてを
肯定しているわけではないし、
こんなやり方で採算が取れているかどうかも知らない、
どんなにきれいにしていても入る際には猫臭がするので
匂いに敏感な方にはお勧めできない。
それでも、地域猫活動のお手伝いから、センターでの猫ボラ活動に続いて
私にとっては偶然とは思えないタイミングでのキャットカフェ初体験だった。
民間の保護運動だけでは限界があり、地域猫~すなわち避妊の草の根運動の
広がりこそがカギになるだろう~そして法の援護を含めた公の力も必要不可欠、
さらに小さいまだすれていな子たちと動物との絆作りの必要性・・
ヒントが歩く先々に現れる、キャットカフェ体験はその一つだった。

犬のインストラクターなのに猫のことばかり、と思われるかも
しれないけれど、一つには猫を知ることはまた犬を知ることにも
つながると思っている。共通すること、違いを知ること、
猫について体験するとき、私の中ではいつも犬との比較が
されている。
キャットカフェにしても、「犬には難しいだろうナ、何故なら・・・」
(長くなるのでまた別の時に)というふうに。
そしてもう一つには、猫の生存権の保護はすなわち犬の生存権利の保護に
つながると思っている、私の中では現代社会のヒエラルキーの最底辺に
猫がいて、その上に犬が、その上に弱者(幼児、高齢者など)、
その上に「一般人」がいるので、猫の生存権を保護することは
その上に位置するものすべての権利を底上げすることにつながると
思っているからだ。(最底辺に家畜、野生動物という考え方もある)
ピラミッドの実感でいえば;
「たかが猫が1匹虐殺された」くらいでは警察はまったく動かない~
飼い犬が殺されれば少しは調べてくれる~無力な子供や高齢者が虐待死したら
ようやく調べ出す~といったぐあい。

そういうわけで、そのキャットカフェの名前は
ミーシス さん
撮影許可をいただいたので掲載します


テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2011/12/30(金) 03:27:37|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゆずの木 | ホーム | 散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/300-389029be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)