バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

散歩

メナとハッピーで散歩をするようになってから
さらに2頭が仲良くなっている。
昼寝


保護活動をした経験がある方は
よくわかっていらっしゃると思うが、
先住犬がいる家庭にお見合いに行く時は
いきなり候補犬を連れて室内に入ったりはしない、
少なくとも外で会わせるのが常套手段だ。
時間があれば、先住犬の散歩に一緒に
付かず離れずで同行して
一緒に室内に入るほうがうまくいくことが多い。

もっといいのは先住犬も候補犬も初めての場所に
ピクニックに行くことだと思うがどうだろう。
海や山など、環境のよい場所のほうが
都会の喧騒の中、緊張状態で会うよりずっと
好ましい。
同じ方向に向かって歩き、人も犬も楽しく食事をする;

他犬との接触について、遅れた社会化の再構築については
あまりに多くの選択肢があり、原因も多く考えられるので
また別の機会にゆずるとして、
メナとハッピーについてだけ言えば、
俗にいう「吊り橋効果」にも似たものがあるのではないかと思う。
吊り橋効果といえば、簡単に言えば
「怖さのドキドキを共有することで恋愛感情が起きやすい」
というもの。
メナは外界の刺激に対して非常に神経質な犬で、
ハッピーは猫にしては大胆だけれど、やはり
ネコらしい用心深さは持っているので
2頭で散歩する時はお互いの存在が支えになっているようにみえる。
メナは1頭だけでの散歩よりハッピーがいるほうが
いくらか落ち着いているし、ハッピーは物音がすれば
メナの身体の下に身を置き、メナからあまり離れないように歩く。

お散歩1

行動を共にする2頭はそれなりの「群れ」になっている。
そういう経験を共有する2頭は、自宅に戻っても
なにやら絆ができつつあるようだ。

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/12/18(日) 21:59:18|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャットカフェ | ホーム | トンネル遊び>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/299-a1782695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)