バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

寝て・食べて・遊んで・成長する!

新刊「深読み・先読みテクニック」は1日で読んでしまった。
面白いしヒントもたくさん、犬を読む練習になる。
「ここはちょっと違うような気が・・」という部分も
あるかとは思うけれど、そういうふうに
チェックしながら見るのもまた楽しいな。
一方の「ドメスティックキャット」のほうは
一向に進んでいない・・・寝ながら読む癖のある私には
重すぎるというのと、中身が細かい字ばかり目一杯
詰め込まれているというのが壁になっている。
おまけに文章も専門書に近いせいか、楽しませようという気が
全くないし(当たり前か)・・
それでも挫折しないのは、時折素人でも「へぇ~!」という
興味をそそられる研究結果が載っているから。
犬育てにも共通するヒントもあれば、猫と犬は
この辺がちょっと違うのね、というものもあり、
衰えかけた脳みそを刺激してくれる。

こちらは真っさらな脳みそにあらゆることをインプット中の子猫ズ。
新しい遊び、新しいおもちゃ、新しい物に
貪欲にチャレンジ中(中には興味持ってほしくないものさえ)。



犬でも、よく「この子は臆病だね、こっちの仔は活発だ」などと
簡単に評価しがちだが、それは違うかも?という考えが出てきている。
従来の考え方だと、「この子はアルファになる」とか
一つの場面で決めつけてしまう危険があるが、
同じ犬が他の場面では違う面を見せたり、
複数の犬の関係が、その時その環境によって違ってくることがある;
乱暴な言い方をすれば、「得意不得意」によってという
ケースも考えられる。
だからこそ、慎重に観察「し続ける」ことが
肝心だと思うのだけれど、ちらっと一目見て「この子はこうだ!」と
断定してくれるプロを熱望している飼い主さんが多いのが頭痛の種なんだヮ・・

さて、この兄妹猫、毎日見ていると、なるほど
それぞれの得意不得意があるようで、
例えば小型犬用のシーソーなんか、ミルキーは
結構大胆である、これはおもちゃへの欲望が足場の不安定に
勝っているらしい、だからといってハッピーが
すべてにおいて神経質かというと、そうでもない。
他の犬猫への接近はミルキーのほうが慎重で妹のほうが
はるかに大胆だったり。
目下の悩みは、たくさんの人間に会わせてあげられないこと。
ネコ用ハーネスをつけて外に連れ出したいけれど、
預かりの仔にもしものことがあったら大変なので
躊躇してしまう。自分の猫だったら毎日でも
車で連れ出すんだけど・・・


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2011/09/11(日) 09:00:30|
  2. ハッピーラッキーミルキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ある日のメナ | ホーム | 仮想世界の盲点>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/09/11(日) 12:56:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/273-3ff3e833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)