FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

GMキッズ成長日記

ナショナルジオグラフィック日本版で見つけて発注
面白いよ
2020-5-24本 
5月24日
日中少しずつフリーにしている
ゴッドマムズキッズは成長が早い気がする
階段なんかもう、普通に上り下りするし
2020-5-24GMK冒険 (1)
 2020-5-24GMK冒険 (3) 2020-5-24GMK冒険 (4)

このころはまだフリーにできなかったので、
できるだけ主人にキッズルームで昼寝してもらってた。
赤ちゃんは傍に大人(猫でも人でも)がいてくれるだけで安心するし。
夜はキッズが寝付くまで私が添い寝。3頭一緒でよかった、1頭だったら付きっ切りだもの。

2020-5-24GMK冒険 (5) 2020-5-24GMK冒険 (6)

子犬や子猫を迎えたら・・・
特に子犬ではTVでもいまだに理不尽な根拠レスな飼育方法を垂れ流してる。
まだ母親や兄弟と一緒にいるべき赤ちゃんを迎えたら
落ち着くまでだけでも一緒に寝てあげるのが当たり前。
たったこれだけでも、その後の関係に大きな影響を与えられる。
なのにせっかくの機会を逃すなんて。
「夜泣きしても決してケージから出してはいけない」
なんて、科学的根拠などまったくない世迷言だから。


5月26日

老いていく命と萌えあがる命
 2020-5-25GMK冒険 (2)

予想外にボブがキッズに関心大で、それも案外上手に子守りしてる
フリータイムに寝室へ冒険に行くキッズ
2020-5-25GMK冒険 (3) 
目標は奥で寝てる怪物(メナね)
2020-5-25GMK冒険 (4) 2020-5-25GMK冒険 (5)

「今日はここまでにしといたるワ」って、吉本新喜劇か!
2020-5-25GMK冒険 (6) 2020-5-25GMK冒険 (1)

エッタちゃんはこのころまでずっと栄養補助のため哺乳瓶のお世話にもなっていた。
(ブッチとキッドは最初から哺乳瓶は受け付けなくて
シリンジで授乳した)
一番小さくて哺乳瓶からミルクを飲んでるエッタが
同時に上手に肉の細片をアグアグ噛んで食べるし
離乳食も齧り付いて食べるのに、
大きいキッドはいまだにチュウチュウしながら食べる。
2020-5-25猫の食事 (3) 
食べ方ってそれぞれ違うのは前から気になっている。
キューは押し付けて食べるから皿にべったり食べ残しができる、
ノビタはアグアグ派で犬のようにきれいに食べる、
タマ&モン、スクスク&ボブそれぞれの兄弟も
二派に分かれたが、面白いのは血がつながっていない
タマとボブが食べるのが遅く、舌を使って食べるのに
スクスクとモンは早食いでガツガツ派
さっさと自分の分を食べて他の猫のを食べてしまう

*小皿で缶詰や肉⇒その後カリカリをあげてる
2020-5-25猫の食事 (4)
早食い派
 2020-5-25猫の食事 (5)
おっとり派
2020-5-25猫の食事 (6) 

  1. 2020/06/03(水) 19:06:11|
  2. ゴッドマムズキッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GMキッズ成長記録 | ホーム | 多摩川散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1871-dd53a686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)