FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

多摩川散策④ ジャミラ、犬に踏んづけられるW


6日早朝
2019-4-6多摩川1

遠くからアラシママを見つけてダッシュ
 2019-4-6多摩川2 2019-4-6多摩川3
爛熟をきわめて散り始めた桜
2019-4-6多摩川4 2019-4-6多摩川5
メナの喉笛にかじりつくチビ
メナ、鼻が曲がってるよ
2019-4-6多摩川6 
ちびたママにも猛ダッシュ
2019-4-6多摩川7 2019-4-6多摩川8
ジャミラの最近のあだ名はモジャ、モジャミ
鼻まわりの毛だけでもカットしたいけど、梳かすだけでもすごく嫌がるので
もう少しモジャミ状態が続く
2019-4-6多摩川9 
7日
薄日を受けて神々しいくらい美しいイヌ
2019-4-7多摩川2

8か月のピノちゃんに、今度はジャミラが横っ飛び
わかったぞ!
相手を信頼しきっている時は直線ですれ違えるけど
相手がまだ幼かったり、知り合いだけど行動がいまいち
読めない相手だと、事故をさけるために横っ飛びする・・・んじゃないかな。

 2019-4-7多摩川4 2019-4-7多摩川5
チャーリーときいちゃんコンビが藪の中でモゾモゾしてるのを覗いたら
菜の花科の草を引き抜いてバリバリ食べていた。
美味しい草はわかるんだね。


2019-4-7多摩川6 2019-4-7多摩川7 2019-4-7多摩川9 2019-4-7多摩川10

2019-4-7多摩川11

帰り際、時々会うホワイトシェパードコンビに出会う。
まだ若くて活き活きしてるけれど、とてもマナーがよくて
飼い主のいうこともよく聞いてる。
ので、シェパードではあるけれど信頼できるので(シェパード偏見あり?)
ジャミラをオフリードのままにしてみたら、
無謀にも彼女「知らない奴だっ」と突進していった。
さすがに近くまで行ったら思ったより巨大だったらしくて
いったんは怯んだジャミラ、それでも沽券にかかわるとでも思ったのか
また走り寄っていったら
・・・ジャミラ、踏まれました(#^^#)
大げさにギャンッて鳴いたけど、かすり傷ひとつついてないよ。
飼い主さんが恐縮して遠くからあやまってきたけど
私は笑い転げていて、ちゃんと挨拶できなかった、すみません。

あまりに大きさに差があると、踏まれただけで怪我することもあるかも
しれない、でも、手加減して踏んづけてると私は思う。

「犬が犬を踏む」というのはこれで3回くらい見たが、
シチュエーションはだいたい同じだったので、多分その意味は
次のようなものじゃないかと思ってる。

若い犬が生意気すぎたり、他の犬に対するマナー違反が過ぎたりしたとき、
それもだいたい興奮して走っている時、
先輩や大人の犬(対象より大きい子)が「あれ、たまたま踏んじゃったよ」という
感じで後ろから追いかけて踏んづけてたしなめる。
走っている最中だとサインや吠え声では制止できないから
緊急行動として使っているのかな。
その際踏んづける方の犬は踏んづけておいてそのまま走り去ってた、
くどくどと説教などしない。

だから踏んづけられた子は一瞬何が起きたのかわからないけれど
とりあえず興奮しての追いかけはやめる。

ジャミラも呆然としてトボトボ戻ってきた、反省してるのか?
これからは知らない犬に失礼なことをしなくなってくれるのか?
ピーナツ姫だしな~

まさかこんな貴重なものを見せてもらえるとは思わなかったから
画像がないのが残念。

でも、飼い主によっては「あのホワイトシェパにウチの子が襲われた」
なんて騒ぐヒトもいるかも。
シェパードが本気で襲ったら、小型犬なんて瞬殺だから
あきらかに手加減して、歯を使わない高等技術なのにね。
  1. 2019/04/08(月) 10:22:52|
  2. ジャミラ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多摩川散歩① | ホーム | 多摩川散策③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1802-c0eb49b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)