FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

海外旅行では野良犬に近づかないこと・・・そのとおり!

ピノママからの画像が面白かった 可愛いのでアップ♪


川辺で散歩するピノ ・・・なんだか常に地面に足が着いてないみたいね
              不思議の国の黒ウサギか!
2018-11-13ピノ近況3 2018-11-13ピノ近況4
 2018-11-13ピノ近況5

そして帰宅後は・・・
2018-11-13ピノ近況1 2018-11-13ピノ近況2
腹出し、白目で爆睡だそうです(#^^#)



もとからツイッターやインスタには手を出さないのだが
お気に入りで毎日覗いているものはいくつもある。
最近嵌っているSNSは:
Kuniko Norman-Taylor

尻尾のない犬

上は、動物愛護に関したツイッターで、楽しいというより
勇気をもらえる。
そして「尻尾のない犬」は、主にアジアを中心とした「イヌ」たちの
素晴らしい画像とお茶が中心の女性カメラマンのツイッター(タイ在住)。

なんで今まで知らなかったんだろ、という衝撃だった。
そう、世界の「イエイヌ」の過半数はこういった犬たちだと
言っていたとおりの犬の日常が映し出されている。
私たちの周りにいて、つい「イヌとはこういうものだ」と
思い込んでしまいがちな純血種はごく少数の創作された変種なのだ。
野良犬といわれる彼らのほとんどは穏やかで、争いを避け、
表情豊かで人間と緩やかな交流を持ちつつ暮らしている。

これが『イヌ』の原型なのだ。
もう、毎日覗くのが楽しみ♪
カメラマンは街で、旅先で、こういった犬たちとさりげなく交流しながら
素晴らしい写真を撮り続けている。

ただ!
これを見て、彼らに興味を持って旅先で接触しようとしてはならない。
旅のアドバイスに掲載されている「野良犬はいきなり噛むので避けるように」
といった注意はある意味正しい。

それは、常にリードでつながれ、ヒトに辛抱強く従うよう改良された犬たちとしか
暮らしたことのない「先進国」の人間は
イヌの表情やサインを読み取る能力が未発達だからだ。
・カメラのレンズは犬からみれば一つ目の怪物だったり、銃のように
 みえることがあるかも、といった気遣いや想像力がない:
・いきなり頭を撫でようとする
・大声を上げ騒ぎながらまっすぐ近寄っていく
・正面から覆いかぶさっていく
・強い視線を当て続ける
・相手(犬)が今どんな気持ちか、周囲の状況がどうかなど慮らない
こういったマナー無視オンパレードの人間が
イヌの「あんたは信用できない、近寄らないでくれ」というたくさんの警告を
無視した挙句、軽く噛まれたりしたら、
イヌたちは殺処分されかねないからだ。
イヌたちのために、旅行者は彼らに近寄らないこと、正しいアドバイスだね。


  1. 2018/11/15(木) 08:52:15|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハテナハニーチャシュ(+ポポ)の「待つ」日々 | ホーム | 冬支度>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1749-2cc94851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)