FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

可愛いまりこちゃん  そして可哀そうな犬

レディの親友だったちりこちゃんが儚くなって、
チリママが次に迎えたのがビーグル犬。
なかなか会えないまま半年以上がすぎた先日、
チリママからお誘いがあって、多摩川で会うことに。
昔だったら、レディとちりこのコンビで
西湖やら城ヶ島やら果ては北海道まであちこち旅したものだったが
メナ1頭の今は、歳でもあるし、遠出を好まない子なので
いつもの早朝川辺で待ち合わせにしてもらったのだ。


家から歩いてくるチリママたちを、川辺を散歩して待つ
2018-11-4まりこちゃん1 2018-11-4まりこちゃん2

ビーグルの名前ははまり子ちゃんだって、可愛いネーミング♡
とっても愛らしくてメナにも私にもフレンドリー、
小柄だけど怖がりではないし、元気いっぱいだけど
ハイパー過ぎない。
ちりこといい、まりこといい、トレーニングしていないのに
飼い主の性格が犬にも投影されるんだろうね
(トレーニングしてないからかも)。

ただ、まだ1歳にもならないのに、エリザベスカラーをつけてた。
片目を手術したばかりとのこと、チェリーアイだった。
ちりこは遠方のブリーダーから手に入れたのだが、
まりこちゃんはつい入ってしまったコジマ!!で一目ぼれしたそう。
若くてこんな目の疾患が出るなんて、遺伝的要因だと思う、
まりこちゃんの母親の眼がどんなことになっているか想像したくない。
コジマのパピーミル(子犬生産工場)の檻の中で
一生(生産能力が落ちてより暗黒の場所に転売されるまで)過ごすだろう母犬、
眼が飛び出ようと皮膚が爛れようと、生めればいいのだから
治療などされないままだろう・・・
でも、目の前にいるまりこちゃんに罪はない、
可愛い子がもう病気などしないで幸せに長生きしてくれますように。
2018-11-4まりこちゃん3 2018-11-4まりこちゃん4 2018-11-4まりこちゃん5
また遊ぼうね♡


河原でまりこちゃんを待っていると、土手の上から犬を叱責する男性の声が聞こえた。
「来い」と呼んでも犬が来ないらしい、段々イライラした声になってゆく。
多分あの子だろうな~
嫌だな~
犬が叩かれたり小突かれたり暴力に晒されるのを見せられる苦痛、
というものをもっと理解してほしいと思うよ。
それは黒柴、まだ若いし、柴としては珍しいくらい他のヒトや犬に
関心があって、ついてこようとする子だった。
先輩の柴の女の子が亡くなって、飼い主と二人になってからは
少しは優しい「風」になってきた飼い主だが、
たまに、読んでも(ロングリードで放している)来ないと
たちまち馬脚を現して、声に怒りと不満がこもってくる。
犬は野原の真ん中で立ち尽くして動かない・・・いや、動けないのだ。

2018-10-25多摩川4 

飼い主はたぶん「俺が優しく言ってるうちに言うことをきけよ」と
思っているかもしれないが、散々体罰をしてきておいて、
それをすぐに忘れて許してもらえると考えるのは尊大で浅はかだ。
1年体罰を続けたなら、それを封印して10年、優しく接し続けて
ようやく信頼してもらえるようになる。

相手が犬だから、わかりにくいかもしれない。
例えば、DV夫が何かというと散々妻をなぐり、罵ってきておいて
「もう改心しました、今後一切暴力はふるいません」と言って
妻はすぐ信用するだろうか?
まして「もうしないって言ってるだろうがっ!!」と
段々口調が荒くなってきたら、DV後遺症で妻は震え、動けなくなってしまう。
わかってもらえるだろうか?
暴力をふるったら、それを受けた者は忘れることはできない、
ひたすら暴力から遠ざかり、許してもらうしかないのだ。

黒柴は、以前会うとよくサムやメナについてきてしまい、
私にも関心を持ってくれた。
でもそれが原因で呼ばれても帰っていかず、叱られたあげく、
私が見ていると気が付かない飼い主に腹立ちまぎれに蹴られたりするのが
辛くて辛くて、もうできるだけ接触しないようにしている。

いじめと同じ、暴力をした側(人間)はすぐに忘れてしまえるが
受けた側(動物)は、一生忘れることができないほど心が傷つくのだ。



  1. 2018/11/10(土) 21:21:30|
  2. 問題行動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川辺 | ホーム | 川辺の日々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1746-5f55fb31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)