FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

新人

早朝の多摩川散歩も滞っていた分ズラっと:
16日
2018-10-16多摩川1 2018-10-16多摩川3グレース

この後ろ姿は、新人(犬)きこりちゃん!今日が初お目見えで緊張してましゅ
2018-10-16多摩川4キコリ 2018-10-16多摩川5キコリ
気のいいチャーリー君の妹として迎えられた元保護犬(7か月令)
ちょっと胴長が可愛い女の子
初日は緊張してビビりまくっていました

2018-10-16多摩川6キコリ 2018-10-16多摩川7キコリ
気配を消してマス
2018-10-16多摩川8キコリ 
たまに会うホワイトシェパードたち すごく落ち着いていて明るい子
2018-10-22多摩川1 

それが、11月2日には・・・
もうすっかり馴染んではっちゃけまくりのきこりちゃん♡
2018-11-2多摩川4 

気の弱いパティは逃げ回ってます(#^^#) 
犬が白目を見せるのは色々な意味があるけど、この場合は
「嫌だって言ってるでしょ」って感じ?
2018-11-2多摩川5パティ&きこり 

先輩メナがお尻の匂いを嗅ごうとしたら・・ガウッだって
なかなか気が強いのねん
2018-11-2多摩川6きこり 

安定した群れ、というかグループだと、1頭くらい新入りがあっても
短時間で受け入れてくれる
できるだけもめごとを避けたい、という危機管理意識が
最小の摩擦で受け入れをたやすくするんだと思う。
ストレスまみれの犬の群れではこうはいかない。
新人のキャラクターも様々だが、預かりっ子だったアリー(テリアミックス)は
群れに入り込むのがとても上手だったっけ。
挨拶の仕方(お尻の嗅がせ方とか、プレイバウとか)がうまかったし
どことなくユーモアがあって、人が見ても「笑いかけてるな」って
わかる顔で対応してた、これは生まれつきなのか、後天的獲得気質なのか?
2017-6-20多摩川3アリー

気の弱い小さい子にわざと追いかけさせて遊びに誘う
これってなかなかの高等技術
不器用な犬だとただただ追いかけまわして怖がらせてしまう、
自分よりずっと小さい臆病な子を上手に遊びに誘うのは
すごいなぁ、と感心したものだ
 2017-4-3多摩川10アリー
  1. 2018/11/07(水) 07:57:40|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川辺の日々 | ホーム | 名もなき毒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1744-ed6511ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)