FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

「寄付」の責任

アメリカのペット早期不妊手術の先駆者
『DR.JEFFからの大切なメッセージ』


彼の主張に賛否はあるかもしれないが、
そのメッセージには深くうなづける、
シェルターの在り方、不妊手術の徹底、そして今までの獣医師の在り方。
(アメリカは特に動物医療が高額で、貧しい飼い主には
厳しい現状であることは日本以上のようだ)

中でも、よく考えもせずに「寄付」することの是非について、
以前から腹に据えかねていたので、よくぞ言ってくれた、という気持ち。
盲導犬、聴導犬に寄付する愛犬家は、何を思って寄付しているんだろう?
例えば、引退して飼い主から引き離された盲導犬の救済のため、
というのならわかるのだが・・
聴導犬については、かつては盲導犬よりは犬のストレスが少ないし
犬本来の行動をねじ伏せることもないだろう、と
楽観していたのだが、ある聴導犬支部の噂、そして
実際にその支部で犬の散歩などもほとんどしていないのを目撃してからは
疑いの眼をむけるようになった。

そして、ピースワンコの問題。
いまだに本当の善意から始めたのか、最初からお金目当てなのか
判断がつかないので迷っているが、少なくとも
数千頭の未去勢の犬を収容して、一部非公開にしている現状は
想像するだけで、まさに多頭飼い崩壊現場ではないかと思ってしまう。
公開できないような状態の犬ほど、1頭1頭に丁寧なケアが必要だが
それができているとは思えない、その上での「殺処分0」だろう。
命を救う、ということを最優先にするのも、
そのQOL(生活の質の維持)を最優先するという考えも
両方わかるので、最低限「金のため」という詐欺でなければ
いいのだが、と思う。
でもね、スタートがどんなに志が高くても、
大金が絡んでくると、人間は弱いので、そういうお金の流れは
厳しくチェックしていかなければ。

「世間で良いといわれていること」に流れで寄付するのは
お金の無駄、というだけでなく、寄付のために犠牲になる存在が
増えるかもしれない、ということをよく考えてみよう。
よく調べて、よく考えて、本当に賛成できることに寄付しようと思う。


5月30,31日のハテナハニー

ハテナデコッパチもガブリエルに。痛い、痛いよ~
 2018-5-30ハテナハニー1 
キューちゃん、赤ちゃんには関わらないけど、子猫らしくなってくると
結構遊んでくれるの
2018-5-30ハテナハニー3 2018-5-30ハテナハニー4

大人猫のご飯を試しにあげてみたら、食べた!ようやくカリカリデビューね
(でもまだ主食はウエット)
2018-5-311ハテナハニー1

ガブリエルハニーガンコ、弟を齧る
 2018-5-311ハテナハニー2 2018-5-311ハテナハニー3 2018-5-311ハテナハニー4

ハニーガンコガブリエル、網戸登り成功(困った)
2018-5-311ハテナハニー5

私の机の隣はのび太の指定席だったのに、チビたちに侵略されつつある

2018-5-311ハテナハニー6 

寄付、といえば、カト改めこたろうのママさんから
ハテナたちにとフードが届いた。
ありがとうございます~
2018-5-30寄付 
カトちゃんたち、6ブラザーズの時は毎日がワチャワチャだったなぁ・・
2017-8-9シックスブラザーズ7




  1. 2018/06/07(木) 18:12:15|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ハテナハニー預かり日記 | ホーム | 或る犬の一生>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/06/13(水) 00:42:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/08/08(水) 13:35:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1681-25aa0686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)