FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

或る犬の一生

ちょうど10年前の5月、犬の多頭飼い崩壊レスキューに入りました。
犬小屋はレスキューに入ってから設置したもので
それまでは野ざらしの中で暮らしていた数十頭の雑種犬たち


2018-5-29初夏ちゃん思い出0
 2018-5-29初夏ちゃん思い出1
  2018-5-29初夏ちゃん思い出3 2018-5-29初夏ちゃん思い出2
若い、比較的健康な犬から譲渡開始、
この黒い子もその中の1頭でした
2018-5-29初夏ちゃん思い出4

・・・・・・10年、家族に溺愛され、苦手だった散歩も喜びとなり、
ヒトや犬の友達がたくさんできた
2018-5-29初夏ちゃん思い出6 2018-5-29初夏ちゃん思い出5 2018-5-29初夏ちゃん思い出8 2018-5-29初夏ちゃん思い出9 2018-5-29初夏ちゃん思い出10 2018-5-29初夏ちゃん思い出11  2018-5-29初夏ちゃん思い出14 2018-5-29初夏ちゃん思い出16 2018-5-29初夏ちゃん思い出132018-5-29初夏ちゃん思い出18 2018-5-29初夏ちゃん思い出222018-5-29初夏ちゃん思い出20  2018-5-29初夏ちゃん思い出23 2018-5-29初夏ちゃん思い出24
12歳(推定)のある日、広い庭で遊んでいて突然倒れてそのまま逝ってしまった。

2018-5-29初夏ちゃん思い出25 2018-5-29初夏ちゃん思い出26

こんな犬の一生をどう思いますか?
私はとても幸せだったと思います。
過酷な環境で 愛どころか必要な屋根も、最低限の世話もされずに
人知れず死んでゆく多くの動物の中で、
彼女の幸運は宝くじにあたったようなものだと思うのです。
どうかママさん、もう嘆き悲しまないでください。
初夏ちゃん、さようなら


大規模な多頭飼い崩壊現場のレスキューには3回
参加しているが、この子たちはまだ
外につながれていただけまし、だった。
身動きできない狭いケージで何年も垂れ流し、
食事もろくに与えられなかった現場には
片隅に犬の骨がうずたかく積み上げられていた。
その上を蛇が這っていた光景は
終生忘れられない、
もうあの体力と気力はない。
若くてエネルギー溢れる保護活動家が次々に
現れてくれるのが頼もしく思えるロートル。
  1. 2018/06/01(金) 18:28:59|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「寄付」の責任 | ホーム | 老猫とワクチン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1680-faf36326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)