FC2ブログ

バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ポポ預かり日記


2018-4-15ポポ3 
22日の譲渡会に参加(できたらいいなぁ)予定のポポ、
さらにヒトに慣れてきているのだけれど、
それは私と主人に限定されている。


猫は犬以上に「般化」が苦手だと思う、
つまり人馴れに関して言えば、
保護主とその家族に馴れたからといって
他の人にも馴れるわけではない、
少しずつ一人一人「大丈夫」な人を増やしていって
「人間はだいたい怖くない」といった般化が可能になる。
ポポはまだ私を十分信頼できる、とまでは
思ってくれていないので、もし譲渡できるとしたら
そういった猫のことを十分わかってくださっている
経験豊富な方か、または元々穏やかで静かな生活を
している忍耐力のある方が好ましい。

ヒトに育てられ、人間を怖いと思わない猫は
譲渡しやすいわけだが、万一その後捨てられたら
そういう無防備な猫の末路は悲惨だ。
外猫の世界の掟も知らず、食べ物を漁る力もなく、
早晩病気か怪我で苦しんで死んでいく。
もっと恐ろしいのは虐殺犯大矢や丸山某に簡単に捕まって
しまう危険があることだ。

だからポポの警戒心は、過酷な外界で生きてきた
5か月令の子としては優秀な能力だといえる。

さらに母猫から学んだ狩猟能力、運動神経は
お坊ちゃまチャーシューなどとうてい及ばない。
おもちゃに対する反射神経、集中力はまさにハンター。
食に対する執着もかなりのもので、
ご飯時になると真っ先にキッチンカウンターで待機するし、
最後まで残って他の子が残したご飯を片付ける。



待機ちう
2018-4-14ポポ2 2018-4-14ポポ3

4:1でハブされてるわけではなくて、一番いい場所を占拠するポポと
その勢いに押されてちょっと引いてる先輩たち
2018-4-10ネコズ1 
自分たちのは食べ終えて、ノビタたちの残りを片付けてる2頭
2018-4-14ポポ1 
きれいな毛並みでしょ
2018-4-15ポポ1 2018-4-15ポポ2 2018-4-15ポポ4

怖い顔、でもあくびしてるだけです
2018-4-15ポポ5 


チャーシューの存在に少しだけ馴れてきた?ハッピー。
でもチャーシューが近寄るとこ~んな顔になるの(#^^#)

2018-4-10ハッピー1 



キューのストラバイト結石の薬、錠剤をすりつぶすための乳鉢。
どこにも売ってなくて、病院で購入してもらった、
小さいのに2000円以上して高いなぁと思ったんだけど、
使ってみると凄い。
錠剤が2~3回擦っただけで細かい粉になり、お湯に溶かしやすい。

2018-4-10乳鉢1 



  1. 2018/04/16(月) 19:13:13|
  2. ポポ預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多摩川 | ホーム | 残念なハンサム坊ちゃん チャーシュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1647-a693f03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)