バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

アリーについて④


我が家に来る保護犬はみんな結構長期滞在になる。
保護団体がみんなこんな低回転では
世の中の捨て犬猫たちのほとんどは救えず
殺処分数は膨大なままだろう、こういう点が
自分ながら素人だと思う。
アリーは11か月滞在中、何件かお問い合わせはいただいたが
コーディネート上、あるいは地域的な関係で悩んだ末
ご辞退してきた。
犬猫は日本ではまだ「物品」扱いだし、飼い主次第で
運命が翻弄されてしまうので、できるだけアリーに合った
幸せな家族を見つけてあげたいと探してきて、ようやく
ご縁が見つかったというわけ。

ひと昔前は、保護犬の預かりでは「あまり構わないように」
とか、「ケージで飼育する」、なんていうアドバイスが幅を利かせていた。
譲渡先で懐かないといけないからだろうが、今では噴飯ものだ。
間違ったヒトとの関係や何らかのトラウマを抱えている犬猫の
精神的安定を取り戻し、ヒトとの信頼関係を築けるように
愛情を持って接してあげるのが預かりボラの役目だと
いう考えは今では主流になっている。

我が家は要するにリハビリセンターであり、放牧場のようなもので、
地力をつけ、自信を取り戻して家庭犬として幸せになれるよう
送り出す場所にすぎない。




多摩川でも保護犬出身は案外多い。
テディ&アリスも保護犬だったし (茶トラ子猫も保護猫)
2014-09-24テディ&ココちゃん 2017-5-29多摩川9アリス
まりちゃんも、           やんちゃなレックスも
2016-7-13多摩川5まりちゃん 2016-9-10多摩川レックス8
実はサリーも飼いきれなくなったお家からやってきた、
2017-5-12多摩川3サリー 
 
他にもたくさんいて、やはり(こう言っては偏見と思われるかもしれないが)
この辺って意識が高いなぁ、と思う。

12日早朝
2017-7-12多摩川1 2017-7-12多摩川2グレース 2017-7-12多摩川4 2017-7-12多摩川6 2017-7-12多摩川7

13日早朝
5時、すでに太陽まで熱気に揺らいでいる
2017-7-13多摩川1 2017-7-13多摩川2

2017-7-13多摩川3 2017-7-13多摩川4 2017-7-13多摩川5

久しぶりに会えたシュンちゃん♡
この子も保護犬出身、2歳くらいで今のお家にやってきてから
外耳血腫やら色々病気を併発、今は馬尾症候群で走ることがあまりできない。
飼い主さんはあらゆる治療やリハビリを施し、ずいぶん回復した様子で一安心。

珍しい純血種や珍奇なペットを買っては安易に捨てるヒトもいる
一方で、市場価値のない雑種の保護犬にできるだけの愛情をそそぐ人もいる。
多分その違いは、「価値」というものを外に求める人間と
内に見出すことのできる人間の差だろうと思う。
そういうヒトは、些細なことに幸せを見つけることができる、人生の達人なのだろう。
2017-7-13多摩川6シュン

気が向いたのか、一緒に川まで入ってきたシュン君。
暑いから出たくない~って(#^^#)可愛いね、でもお風呂じゃないんだから
 2017-7-13多摩川7シュン
いつもの川辺で遊んでると、三々五々、仲間が集まってくる。
すでに暑いから、みな涼みにくるの。
2017-7-13多摩川8パックンパイ 2017-7-13多摩川10 2017-7-13多摩川11

2017-7-13多摩川8 2017-7-13多摩川9
  1. 2017/07/13(木) 23:38:51|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<成犬を迎える時 | ホーム | アリーについて③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1514-68fbd5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)