バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

譲渡会ニューアイドル

21日はバウニャウ教室で定例のネコの譲渡会だった。
トムは・・まだ我が家に逗留ちゅう。

実際はトムにもときおりお話しがあるのだが、
ここまで引っ張ってきたからには我が家より
確実に幸せになれそうなお家に出してやりたいと
思い入れが強すぎて、譲渡まで進まない、というわけだ。

先月の譲渡会でにわかに譲渡会終了後のアイドルになったトムだが
栄光はわずか1か月でニューアイドルにその座を奪われてしまった(#^^#)
「学習は階段状に」
サスケ君、6か月になる男の子。

2017-5-21譲渡会7サスケ君
昨年捕獲に失敗した用心深い外猫のお母さんから生まれて
6か月近くまで外で育ったのに、保護されてわずか数日で
預かりボラの布団で一緒に寝る、というありえないほど人懐こい子。
トムが相変わらず譲渡会では「借りて来た猫」なのに
サスケちゃんは初めての譲渡会場を探検してまわるほど
場馴れしていた。
2017-5-21譲渡会8サスケ君 

その上終了後のミーティングにも自ら参加して
サムのお株を奪ってしまった。

スタッフの膝の上で             クッションの上で寛ぐサスケ君
2017-5-21譲渡会11サスケ君 2017-5-21譲渡会12サスケ君

ソファの影から覗いているのは・・・トム!
 2017-5-21譲渡会13サスケ君トム

「ボ、ボクの場所だじょぉ」へなちょこパンチッ
全然動じない年下サスケちゃん 「こいつ誰?」
2017-5-21譲渡会14サスケ君トム


サスケ君の兄弟3頭は彼よりヒト馴れしていないため保護できず
外で生活している。
私はいつも思うのだが、ペットに飼い主がしてあげるべきことは
トレーニングの前にまず、愛される性質、ヒトに馴れる子に育てることだ。
万が一離ればなれになっても、そういう子には
新しい家族に迎え入れてもらえる可能性がより高い。

*サスケ君はまだ里親募集中です



近々のトム

2017-5-19トム&キュー2 2017-5-19トム&キュー1
2017-5-20トム1 2017-5-20トム2





  1. 2017/05/26(金) 19:36:15|
  2. トム預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無題 | ホーム | 『ピースワンコジャパン新潮記事』に思うこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1478-5b2286f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)