バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

感激!あんちゃんとの再会


12年前、まだ東京の団体スタッフをしていた頃
保護した子犬、あん。
母犬と一緒にセンターに収容されたまだ2か月前の赤ちゃんだった。
母犬は子犬を抱えて神経質になっていたが、
あんはお母さんに守られて、天真爛漫、ハッピーな性格で
センターでも人気だった。


お母さん犬とあん
oyako4.jpg oyako5.jpg
そのころウチにはレディと、保護預かり犬のアーサーがいて、
気性の強いアーサー(レディ以外の犬に過剰反応する)が、
子犬を受け入れるだろうかと案じたのだが、
なんのことはない、アーサーがあんの子守をしてくれたのだった。
あんに噛みつかれても踏まれても、されるがままのアーサー。
このコンビから私は「正常な大人の犬は子犬に寛容だ」という
単純な真理を学んだ。
 asa64.jpg

あんは暖かい家族に迎えられて、その後も2~3度会うことができた。
最後に会ったのはレディがまだ元気だったころ、
あんパパさんに誘われて、富士山のすそ野で山菜摘みに
レディと遊びに行った、多分10年近く前だった。
その後中々会えないままだったのが、
久しぶりに連絡しあい、昨日多摩川で会おうということになった。


あんちゃんももう12歳、シニアの女の子はなかなかに好みが
はっきりしてくるし、ウチは騒がしいのも入れて3頭、
気が合わなかったらどうしよう・・・と心配していたのだが。
犬を会わせる時はとにかく最初が肝心だ
(慎重に、繊細に気を配ること、狭い空間で対面させないように、
お互いにあまりに長いことお尻の匂いを嗅がせず、
短時間で切り上げてすぐに一緒に歩き出すことなどなど)
挨拶もそこそこに中洲に渡って自由に歩き回る。
あんちゃん最初のうちは少し緊張して
3頭から離れてヒトの傍にいたのだが、すぐにリラックスして
いつのまにか4頭で行動しだした。
2017-5-15アン再会1 2017-5-15アン再会2 2017-5-15アン再会3


アリーがやっぱりいい仕事してくれた、
あんちゃんを遊びに誘って2頭で追いかけっこが始まった。
2017-5-15アン再会4 2017-5-15アン再会5

2017-5-15アン再会6 2017-5-15アン再会7

2017-5-15アン再会8 2017-5-15アン再会9

2017-5-15アン再会10

12歳とは思えない若々しさだね
 2017-5-15アン再会11

2017-5-15アン再会12 

岸にあがると、まりちゃんがいつものようにこちらに飛んできた!
あん、大丈夫か?
2017-5-15アン再会13まりちゃん

全然大丈夫、でした♪ あん、落ち着いてるね
 2017-5-15アン再会14 2017-5-15アン再会16



あん、このおじさんがおまえを懐に入れて暖めてくれたんだよ、
少しは思い出したかい?
2017-5-15アン再会15 

昔保護した子たちが次々と虹の橋を渡ってしまい、
寂しい気持ちになっていたけれど、まだまだあんは元気そう。
また近いうちに会いたいね。健康で、幸せで生きていてくれて
ありがとう♡


  1. 2017/05/16(火) 20:36:47|
  2. わが家の犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緊急ダイエット決行! | ホーム | 鳥セミナー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1473-dcd4588f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)