バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

騎士道精神


8日の早朝
2017-3-8多摩川2 2017-3-8多摩川7


2017-3-8多摩川8  2017-3-8多摩川3 2017-3-8多摩川5

久しぶりにアリス&テディちゃんコンビに会ったのだが、
どうしたことか、メナがアリスちゃんに
ちょっかいを出したらしい。
気が付いたら2頭がガウガウ喧嘩を始めていた。
(といっても乱暴などつき合い、怪我など一つもしていないが)
メナのほうが年上なのだが迫力ではアリスちゃんに負けて劣勢。
私は怪我の心配はしていなかったが、
長引かせると後々関係が悪くなるので止めに入ろうとしていたら
・・・テディがすごい勢いで割って入ってきてドスンっと
アリスちゃんに体当たりした!
さらに驚いたのは、これで喧嘩が終わってしまったことだった。

アリス&テディ
2017-3-8多摩川4


喧嘩を止める犬の行動は何度か見てきたが、
(最近ではゴールデンのエースが、ちょっとヤクザなハスキーにやられてるサムを
 駆け付けて助けてくれたっけ)
まさかあのテディが?!
三頭身でいつもおっとりニコニコしてるテディが
あんなに素早く行動を起こすとは、信じられなかった。
しかも家族、群れの仲間であるアリスに加勢するのではなく、
それほど親しくもないメナがやられているのを仲裁するなんて。


劣勢のほうに味方する、というのは確かに道理にはかなっている、
群れで行動する高度に社会化された動物なら
群れの中での争いは無益だし群れの存続の危機につながるから
強い個体が仲裁に入る、というのは当然のことだろう。
これを騎士道精神というのは擬人化がすぎる、かもしれないけれど、
今では人間の持つ感情や行動のほとんどは
すでに動物の中にその芽があるのではないか、と言われている。
やきもち、卑屈さ、欺くこと、公正さ、などなど、生きていく上で
必要があって生じたものが、人間ではさらに複雑に進化していっただけ
ではないかというわけ。
そうだとしたら、テディの行為も「騎士道精神」と言っても
差支えないような気がする。
テディ、恰好良かったなぁ♡


えへへ
2017-3-8多摩川6

ゴールデンって、玄人にはあまり評価されない傾向があるけれど、
いじりすぎて歪まずに、のびのびと育てられたゴールデンはやはりイイわ。




  1. 2017/03/13(月) 17:21:31|
  2. 犬について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水ぬるむ | ホーム | 食事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1434-fb733226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)