バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

動物愛護法改正に向けて

ネコの譲渡会関連で、動物愛護法改正の署名活動をしている方から
連絡があったのでご紹介:

こちら 
http://miyokoasada.com/
「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正を求める署名」

動物愛護法の改正のためにはどんな形でも、どの団体でもいいので
関心がある人皆が気軽に署名運動に参加してほしいと思う。

沢山の保護団体が活動をしているが、
常々言われているとおり、蛇口を閉めない限り、
ダムの水流を個人がバケツで必死に掬っているようなものだ。
捨てる人も、安易なデモクライ飼い主(イヌでも飼うか、猫くらい飼うか)も
減らしていかなくてはいけないけれど、なんといっても諸悪の根源はペット産業。
ペットショップで買った子犬子猫の生み出される仕組みを知ったら
さすがに鈍感なヒトでも吐き気を催すだろう。
イヌが、猫が好きだったらとても耐えられない世界だ。
画像はいくらでもネットで探せるはず、私は見ることができない。

だから良いペットショップとは「生体販売をしていない店」だけである。
最良のペットショップとは、トップが「生体販売はしないぞ」という
強い意志を持って経営している店のことだ。

どんなに店頭にいる子犬子猫の環境や育成に配慮していようと、
生体販売をしているということは、その背後の闇の世界を容認していると
いう点で悪である。

どうしてそう断言できるかといえば、経済の仕組みがそうなっているのだ。
イヌ猫に限らず、爬虫類、鳥類、希少動物などの野生種、
生体を販売して生計を立てるためには「利益」が優先されなければならない。
その為にはいかに効率よく生産し、余剰商品をどう処分するか、
投資額を以下に抑えて利益を上げるか・・・動物で利益をあげるとは
結果動物を商品としてとらえ、搾取せざるを得ないのだ。

生体販売は唾棄すべき恥知らずな商売だ。
では動物をペットとして買いたいときはどうすればいいのだ、という問いには
ペットショップで簡単に手に入れようと思わないで、といいたい。
本当にペットを熱望しているなら、探して探して、苦労して手にいれてほしい。
ブリーダーから、というのが動物愛護先進国では一つの方法だが、
日本で本当に動物を愛しているブリーダーはまず99%、ほとんどいないといっていい。
ブリーダーと名乗っていても、それで生計を立てているのなら
上記の経済の法則に従わざるを得ない、つまり業者である。
本当にその種を愛しているブリーダーは、まず他に本業があるか
経済的に安定している家庭の出身で、趣味としてやっている。
その種を愛して、心身共によりよい個体を作出することを使命としていたら
まず赤字になることは間違いない。
(サムの親元も多分常に赤字であると思われる。)

後は保護団体から迎えることになるが、
ここで言うのはまともな保護団体のこと、
そういう所では譲渡条件があり、適正審査で通らないと譲渡されないし、
また希望する動物とのマッチングにも配慮している。
つまり80歳の方に子犬子猫は譲渡できないし、ペット不可の住まいでもダメ。
長い留守がある人にも、単身の若者にも、譲渡は慎重になる。
それだけ動物を飼うということは、動物を幸せに飼うということは
大変な覚悟がいることなのだ。

つい熱くなってしまったけれど、私たちでもできることはある。
小さなことからコツコツと、署名に積極的に参加すること;
そして頑張っているヒトの脚を引っ張らないこと;だとかね。




3月1日
2017-3-1多摩川1 2017-3-1多摩川2
 3日
2017₋3₋3多摩川1 2017₋3₋3多摩川3 2017₋3₋3多摩川2 2頭とは別行動が目立つようになってきた

保護犬出身のまりちゃんもすっかりお嬢様、
荒くれガールのアリーにしり込み(#^^#)
2017₋3₋3多摩川5 2017₋3₋3多摩川6



4日
このボールなら食べられまい
2017-3-4多摩川1 2017-3-4多摩川2 2017-3-4多摩川3 2017-3-4多摩川4



5日
2017-3-5多摩川1 2017-3-5多摩川2 2017-3-5多摩川3 2017-3-5多摩川4 2017-3-5多摩川5 春、だねぇ
  1. 2017/03/06(月) 21:45:47|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月11日の「たられば」 | ホーム | 犬として正しい歳の取り方  メナ  >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1430-c06f5b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)