バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

アリーについて

サムの術後経過は順調で、このままいけば
月曜日に退院予定。
川辺で会うヒトごとにサムの不在を尋ねられ、
色々お話しするうちに、どうやらボールを食べるのは
圧倒的にレトリバー、というかレトリバーしかいないということを
改めて確認。 
このなんでも食べる貪欲さは、犬種の固定化の経過で出た副産物なのか?
それでもスコティッシュフォールドやマンチカンのような
深刻な副産物ではないだけましなんだろうけれど。

治療費についても、痛いと愚痴を言ってたら、
保護犬のシェパードミックスの何度かのガン手術代で
ベンツが買えたくらいかかったわ、と言ってらした飼い主さんがいて
改めて動物と暮らすのは相当の覚悟がいると実感する。



アリーは毛並もきれいに生えて、もういつでも募集可能。
安いフードから手作り食や生食に変えた過渡期では
一番皮膚にデトックス反応が出るものだ、と経験から
わかってはいても、毎回冷や冷やする。

アリーの毛はワイヤーへヤードフォックステリアの血からか
ワイヤーっぽくて、下毛がなく、抜け毛も少なくて手入れがしやすいし、
アレルギーも出にくいかもしれない。

知らない人への警戒はごく普通にあるが攻撃性はない。
ただ、散策中激しくはないが知らない人に吠えかかることがあり、
今は吠える前のサインに気を付けてその前に止めるように
しているところ。
知っている(おやつをくれる)人には他の子と同様
飛んでいっておやつをねだるので、酷い人嫌いではない。

犬に対しては・・・なんとも評価しがたいところ。
どんな犬にも飛んでいってからかい、追いかけっこを
しかけるので、時には冷や冷やすることも。
先日はオフリードのホワイトシェパード2頭連れをからかい、
追いかけっこを始めたので肝を冷やした。
なんとなくシェパードを信用しきれていないので
敬遠していたのだが、これは私の偏見で、
アリーの判断(イヌを見分ける)のほうが正しいのかもしれない。
だがいつか痛い眼をみるかもしれないし、
できれば呼び戻しで帰ってきてもらいたいものだ。
ともあれ、先住犬は小型犬は避けたほうが無難、
アリーのパワーに圧倒されてしまうだろう。
現在まででアリーが遊んだ犬種は:
ボルゾイ・ラブラドール(かなり大きくても可)・ゴールデン・
バーニーズ・ミックス(中型)・コーギー(カーディガン)・
ホワイトシェパード  

性格は、甘えん坊のストーカー
 触られるのが大好き
 質のよい散策ができれば家では大人しくしているが
 本来が好奇心旺盛、なんでも齧ってみる。
 ゴミ箱漁りが趣味
 ネコ4頭と暮らしてはいるが、それほど猫好きというタイプではないかも。
 犬仲間が大好き、だがその愛情表現は齧ること。
 強く叱られると痛々しいほど怯えてしまうことがあるので
 絶対体罰は厳禁。
 小さいお子さんにも攻撃はしないと信じられるが
 動作がいちいち激しいのでできれば大人の家庭向き。 
 ようするにテリア系。

 体重は現在10キロちょっと、女の子なのにマッチョ系。



2日朝  快晴だが風が強い
竹林が鳴っている
2017-2-2多摩川0

2017-2-2多摩川1 2017-2-2多摩川2 2017-2-2多摩川3 2017-2-2多摩川4
最近よく遊ぶ大きいラブちゃん
  1. 2017/02/04(土) 20:40:08|
  2. アリー預かり日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<犬の凝視の1秒後には行動が出る | ホーム | 2頭の散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1416-1c5de389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)