バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

昨日の続き 大きさの違う犬同士理想的な遊び方を見る

昨日はRちゃんを例に出してしまったが
これはRちゃんの責任ではない、だって
今の世の中、飼い主が良い社会化の場を提供してあげない限り
繋がれた犬たちに、良い経験を積む機会はないのだから。
ましてRちゃんは捨てられてシェルターで育った子だものね。


ちょっと遅めに出かけたので、すでに陽がのぼり、
昨日よりずっと暖かくて助かる。
おやつをくれるヒトに群がるハトみたいな犬たち
こういった一見なんでもない光景も、
またまた引き合いに出して可哀想だけれど、
Rちゃんのような社会化ができていない子がいると
修羅場になりかねないので注意が必要だ。
昨日もRちゃんのママが他の犬におやつをあげようとして
小競り合いが起きた。
いつも会う犬たちはこういう場面で
争うのを一度も見たことがない。
たま~にマナーに煩い犬が無遠慮な子を叱ることもあるので、
犬の顔ぶれを見極めておやつをあげるようにしている。

2016-12-16多摩川4 

2016-12-16多摩川2パックン 2016-12-16多摩川3グレース
お気に入りの犬、ゴールデンのエースクン、
安定と信頼、いつもきげんのいい男の子、
いざという時頼りになる彼もそろそろシニアだね
2016-12-16多摩川1 

ところで今朝は偶然にも、昨日と反対に
大きさ(力)のかなり違う犬同士の理想的な遊び方を
目の前で見せてもらった。
*本来あまりに体格の違いすぎる犬同士は予期せぬ怪我をさけるために
遊ばせないほうが無難だと思う
(完全に場をコントロールできる飼い主も少ないし)。

2016-12-16多摩川5 
 2016-12-16多摩川6
2016-12-16多摩川7

先日アリーと遊んでいて脚を怪我したサリーちゃん(ボルゾイ)が
散歩に来れなくてシニアのグレースがママを独り占め、
久しぶりにはしゃぐグレースちゃんが、アリーを遊びに誘う。
撮れなかったのだが、大きい方が頻繁にプレイバウして、走りもセーブ、
自分から逃げ出してアリーに追いかけさせる:etc


遊びには「無駄な動き」が頻繁に現れるのも特徴。
他にも、大きい方が寝転がって相手をする;
    頻繁に休憩を入れてくる(地面の匂いを嗅ぐ、座る、横倒しになるなど)
    いつまでも延々遊ばない;など

わかりづらいが、アリーの表情も余裕がある。
小型犬、子犬の社会化では「良い経験を積み重ねる」ことが
スタートだが、まずはこういうふうに相手をしてくれる
社会化された犬を見つけることが大事だ。
(発達の段階ではまた違う経験も多少必要になってくる)

みんなと別れて川辺へ
水際に生える美味しい草、冬枯れの時期、貴重なサラダバー。

2016-12-16多摩川8 2016-12-16多摩川9 2016-12-16多摩川10
  1. 2016/12/16(金) 18:36:56|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天中殺? | ホーム | 子犬の時の社会化がその犬の一生を左右する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1392-c23cb391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)