バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

『逃げるは恥だが役に立つ』

今はまっているTVドラマ、『逃げるは恥だが役に立つ』
もう歳がいもなく、毎回楽しみにしている数少ないドラマ。
演出もキャストも絶妙だが、この題名が素晴らしい。




若い人の自殺が報道されるたびに
「とりあえず逃げて~」と思っていたのだが
本当に「逃げるは恥だが役に立つ」ということを
伝えたい。
自殺は卑怯な奴らに負けたことになる、
傷つき悲しむ家族がいる(そうであってほしい)。
以前にも書いたのだが、『イジメ』という言葉には
「みじめさ」がオーバーラップしてしまう、
苛められた側にも負の部分があった、という印象が
漂ってしまうから、「いじめられた」子は
身体的暴力だけでなく、心までずたずたにされてしまうのだ。

横浜で起きた「いじめ」事件は、もちろん腹立たしいが
それ以上に感動した。事件 

被災して福島から疎開してきた児童が小学校の数年間
「放射能が移る」「ばい菌」といじめられ、
「賠償金があるだろう」と金銭を要求されて合計150万以上を
脅し取られ、教師にも訴えたが、学校側はなんの対処もしなかった。
教師にも色々いるのだろうが、たまたまとんでもない失格教師に
当たってしまったのだろうか。
そんな中、私が感動したのは、何度も死んだ方がいいと思いながら、
それでもこの子が自殺を思いとどまった理由だ。
福島で沢山の人が死んだ、だから「生きるときめた」
・・・もう、涙腺崩壊、何年も何年も、学校という小さな檻の中で
苛められ続け、逃げ出すこともできない、先生も見て見ぬふり、
そんな状況で、それでも「死なないと決めた」
結果不登校になった、そうだ、逃げろ!
そんな学校に行く価値はないし、とりあえず逃げてよかった。
加害者はいつも匿名で守られている不条理、
倫理観正義感の無い教師、そういう不条理から
「逃げるは恥だが役に立つ」と伝えたい。



口直しに久しぶりに届いたジャッキー近影
ますます可愛くなってきたねぇ(#^^#)
2016-11-23ジャッキー1 
 2016-11-23ジャッキー4
2016-11-23ジャッキー5

ついでに今滞在中のアリーとトム
2016-11-23トム1 




今朝の多摩川

西の空は段々晴れ間が広がっていたが、東の空には暗雲がずっと・・・
今夜は雪になるんだろうか。
2016-11-23多摩川1  2016-11-23多摩川2 2016-11-23多摩川3  2016-11-23多摩川4

2016-11-23アリー2 2016-11-23多摩川6















  1. 2016/11/23(水) 19:17:15|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アリー日記 | ホーム | キュー耳血栓、そして譲渡会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1367-5b8586ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)