バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ネム君トライアルへ

6日土曜日は埼玉までネム君のトライアルへ。
入間多頭飼い崩壊現場からレスキューされたネムですが、どうやら他の犬たちとは
血縁関係がないようで、またたくまに30キロ近い巨大ワンに。
(保護当時まだ成犬でなかったようです)
大きな体に幼い心、一番難しい年頃を預かって大切に育ててくださった預かりのOさん、
本当に優しい子になりました、ありがとうございます。
悪戯も声も、大変だったあれこれを想うと、ご苦労が偲ばれます。
それだけに「どうか幸せになってほしい」というOさんの切実な願いを
裏切らないように、責任を感じています。
ネム、どうぞ幸せになってね。
新しいご家庭の皆様、どうぞネムを末永くよろしくお願いしますm(__)m


お見合いやトライアルなんてもう日常茶飯事、ルーティンワークだろう、と
思われるかもしれませんが、長くやっていても、毎回本当に毎回、
ドキドキ緊張しまくりなんです(私だけ?)
保護犬、保護猫は飼い主すら「要らない」と不用宣言された、商業的には「価値なし」の存在です。
その1頭1頭に「付加価値」をつけるのは、預かりボラ様の思い入れと私たちスタッフの気持ち。
だからこそ、譲渡条件も設定し、お見合いでもそのまま渡したりせず
面倒でも何度も足を運んで「大切な存在」として扱います。
トライアル時は、皆の愛情と想いを背負わせて送り出したいと、いつも気を引き締めています。
お見合いで迷った時、(とてもいいご家族だけれど、犬の、ネコの飼育環境としては
どうだろうか、など)決めているのは、「自分の愛犬愛猫だったら?」
「自分の長く預かった子だったら?」と置き換えてみます。
そうすると気の弱い??私でも勇気を持って「今回は・・・」と言うことができるのです。
辞退するというのは本当に勇気がいる、と活動をしていらっしゃる方なら共感いただけるでしょう。
本当に良いご家族で、愛情に満ちていらっしゃるのに、マッチングの問題で
ご辞退するのは辛いことですし、
また、どんなに言葉を尽くしても、心傷つけてしまう結果になり、非難されることも
往々にあります・・・・「ウチはこんなに広い庭があってこんな優良企業に勤めているのに、
 どういう根拠で断るのか」「あのスタッフは偉そうに云々」

今までの経験からの結論としては
・迷った時は止めておいたほうがいい
・「スリーストライク」の基準で客観的に見る・・・
 気になる事が3つあったらどんなに素晴らしいご家族さまでもご辞退する、と決めておく
これくらいでしょうか。
 でも迷った末にご辞退しても、「幸せになる機会を奪ったのではないかしら?」
とまた悩むのですからたまりません、
いつもいつも試行錯誤、優柔不断、手探り状態で、いい加減自分にあきれています。

私の座右の銘です
「ボランティアはタフでなければ続けられない、でも優しくなければボラの意味がない」
by フィリップマーヨウ(若い人はチャンドラーなんてもう読まないでしょうね(^^ゞ)

ネムとメナ;3月のドッグランにて
nemu2.jpg

  1. 2009/06/07(日) 08:03:25|
  2. レスキュー関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハナちゃんお泊り♪ | ホーム | ペティア雪谷大塚店にて譲渡会のお知らせ♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/130-1451dd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)