バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ゴールデンファン

27日の早朝:

メナ、お気に入りのルークに会えてよかったね
2016-7-27多摩川2 2016-7-27多摩川3

2016-7-27多摩川1



ゴールデンのエースと一緒に川遊び

2016-7-27多摩川7  2016-7-27多摩川4 2016-7-27多摩川5  
 

2016-7-27多摩川6


顔を水中に埋めてブクブク、可愛いなぁ♡
エースは争いごとが嫌い、
ボール遊びしても、サムがむきになると
ボールを放棄して譲ってしまう。
それで川底に沈む鍋を掘ってるとサムが
また割り込んできてまた譲る、という繰り返し。
気が弱いのかというとそんなことはなくて、
以前強気なハスキーから
サムを守って身を挺して割り込んで追い払ってくれたりと
肝心な時男気を出す、恰好いい男の子だ。
私が犬だったら惚れてるだろう。


エースに限らず川で会うゴールデンはたいがい
気性のとてもいい子ばかり、フラット好きな私でも
ゴールデンっていいなぁ、と思う。
争いを好まない、のんびりしていていつも機嫌がいい、
ヒトが大好きで飼い主との結びつきが強い;
家庭犬として素晴らしい犬種だ。
ラブやフラットは大好きだけれど、ゴールデンのほうが
ずっと落ち着いているように思える。
それでも過去に2頭ほど、どうしようもない
咬癖のあるゴールデンを知っているし
人見知り犬見知りする子もいた。
川辺のゴールデンはたまたま性格のいい子ばかりが
集まっただけなのだろうか?
中には乱繁殖で遺伝的に性格に欠陥がある個体も
いるかもしれないが、元来ゴールデンとは
素晴らしい犬なのだと思う。
ただ、育て方次第ではどんなに性格がいいゴールデンでも
臆病になったり警戒心が強くなったりするのだろう。
以前もう少しで保護しそこなったゴールデンの若犬、
精神的に少し病んでいるようだった飼い主が
檻に閉じ込めて飼っていた犬を思い出した。
日本ではその程度では虐待にはならない、
飼い主が手放す気にならなければ悔しいけれどどうしようもないのだ。




28日の多摩川


2016-7-28多摩川2  2016-7-28多摩川3 2016-7-28多摩川4  2016-7-28多摩川5

  1. 2016/08/01(月) 01:59:33|
  2. 犬友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏を楽しむ | ホーム | 水遊び>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1270-591c0833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)