バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

野生児なのに病弱?

2日、メナとキューを病院へ
メナは後ろ脚じん帯の経過チェック、
キューはというと、持病の尿路結石、ではなくて
肛門腺腫脹のためだ。
同じ物を食べて同じ環境で暮らしているのに
なぜかキューは病院にお世話になることが多い、
野生児のくせに!

これって生まれつきの遺伝的なものだとは思うが、
ストレス感受性の差もあるだろう。
のび太もハッピーも、それなりに室内飼いに
適応しているが、キューは拾った時から
終始一貫、外への希求が強く、尿路結石の発端も
もしかしたら仮家での完全室内閉じ込めだったのでは
ないかと疑っている。
「猫の完全室内飼い」は、突き詰めれば人間の都合であって
本来の猫の生活からすればストレスになりうる、
だからこそ室内でのQOLを配慮しなければいけない。


メナのほうは順調に回復しているとのことだったが
歳もあるし、散歩中なるべく無理させないように
川辺でもいつもより更にゆっくり歩くように心がける。

キューは、患部を舐めないようにエリザベスカラー装着の刑。
トイレの入り口につかえるので、トイレをひとつふたを外してあげるが
情けない声でずっと鳴いている。
この声に負けないように・・・とは思っていても
自分だってエリザベスカラーなんかつけられたら
嫌だろうなぁ、と思ってしまうので、
いつまで耐えられるか、心元ない飼い主だ。


2016-7-2メナ病院1

混みあった待合室で落ち着いて待つメナ
訓練など一切していないのに、歳と共に
落ち着きが出てきた。
それにしてもなんてきれいな子だこと♡



 2016-7-2メナ病院2
去年1年フィラリア予防薬なしで過ごしてみたが
血液検査はマイナス、よかった~
とりあえず予防薬もらった。


2016-7-2キュー病院1 
カラーであちこちぶつかって歩く



2日の多摩川

2016-7-2多摩川1 2016-7-2多摩川2 2016-7-2多摩川3 見つめ合う♡
  1. 2016/07/05(火) 20:44:24|
  2. わが家の犬猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リーダーではなく、善き母になろう!! | ホーム | 愛犬クラブバウニャウ案内地図>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1258-c2bd5825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)