バウニャウ犬まみれネコまみれ

犬まみれネコまみれの日常をつづったブログです。 保護活動のスタッフもしているので今までにたくさんのイヌネコを保護し育ててきました。可愛い写真を中心に紹介していきたいと思います。

ヨーヨー、ティガのところに逝きました

22日譲渡会当日の午前3時すぎ、
ヨーヨーは逝ってしまった。

75gの未熟児が、よく飲み、眠り、330gに体重が増えていた。
メリメリと成長して、眼が開き、焦点を必死で合わせて
私の顔をまじまじと見つめていた。
指先でお腹をくすぐると、笑っているように手足をバタバタさせていたヨーヨ、
ようやく可愛い子猫になろうという時に
あまりにあっけなく、私の手の中で死んでしまった。

私が何か重大なミスをしたことは間違いないのだ。
十中八九、死因は誤飲。
2週令をクリアし、病院でも、育児書でも
飲みたいだけ飲ませてあげよう、1日5回くらいに分けて授乳;
というアドバイスをいいことに、気を抜いたのだ。
今まで2時間おきで10ccだったのに、
20cc作って、飲むだけあげるようになった、時間間隔も
3~4時間間隔になり、もう大丈夫という気の緩みが出たのだ。
私があの無垢な頼り切りの命を奪ってしまったという後悔が
ずっとしこりになって残っている。


何がいけなかったのだろう、と毎日思い返している。
うつ伏せにして授乳;
哺乳瓶はあまり角度をつけないように:
飲み終わったら立て抱きしてゲップが出るのを待つ:
排尿は授乳の前と後しっかりと:
考えられることは、時間をあけるようになって
吸い付きが前より強くなった、20cc近くを
一気に飲もうとして気管に入ってしまったんじゃないか、ということ。
なんでもう少し大きくなるまで10cc2時間おきにしておかなかったんだろう。
自分が少しでも楽になると思ったからだ。
右足の麻痺のことも、このまま麻痺が残ったら
貰い手がいないかも、我が家で引き取るのは大変だなぁ・・・
なんて考えてしまったことまで後悔の種になる。

冗談を言っている時も、ふつうに会話していても、
今も、何の感情の先触れもなく涙があふれる。
哀れな、かわいそうなかわいそうなかわいそうなヨーヨー。
成長して可愛い子猫になり、ふてぶてしい大人になり
色々な経験をするはずだったヨーヨーは
今、庭の隅の土の中にいる、もう成長することもない。

いつかこの苦しみも記憶のかなたに消えていくことは
わかっているが、それでも今はまだ哀しく辛い。
後悔が大きいだけ辛い。

 2016-5-22ヨーヨーさよなら
  1. 2016/05/26(木) 00:30:52|
  2. ティガ&ヨーヨ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャッキー&ピノ近況お便り♡ | ホーム | 虐待はなくならない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guretaparu.blog45.fc2.com/tb.php/1227-9e9e5d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)